ファッションコース教員 山縣良和が「毎日ファッション大賞」特別賞を受賞

2014 年 9 月 24 日

ポピュラーカルチャー学部ファッションコース教員 山縣良和と「mikio sakabe」を主宰するデザイナーの坂部三樹郎氏がプロデュースした「絶命展 ~ファッションの秘境」が、「第32回 毎日ファッション大賞」特別賞を受賞しました。

毎日新聞社が主催する「毎日ファッション大賞」は、年間を通じてファッションに対する活動で優れた成果をあげた個人や団体を顕彰する賞で、1983年に設立されました。第1回の大賞に輝いた「Comme des Garçons(コムデギャルソン)」の川久保 玲氏をはじめ、過去の受賞者には日本が世界に誇るデザイナーらが名を連ねています。

受賞の対象となった「絶命展 ~ファッションの秘境」は2013年10月にパルコミュージアムで開催され、新進クリエイターからファッションデザイナー、美術家まで30人を超えるクリエイターが作品を発表した展覧会。「ファッションは流動的。生き物のような展覧会を」との構想から、期間中に会場内でさまざまな変化が起こる実験的な展示となりました。

山縣良和は、05年にセントラル・セント・マーティンズ美術大学ウィメンズウェア学科を卒業。ジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを経て帰国し、07年に自身のブランド「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」を設立。本年にはベーシックラインとなる「written by(リトゥン バイ)」を立ち上げ、2014-15秋冬コレクションを発表するなど、精力的に活動しています。

第32回毎日ファッション大賞 受賞者
http://macs.mainichi.co.jp/fashion/01jusyosya/index.html

京都精華大学 ポピュラーカルチャー学部 ファッションコース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/popularculture/fashion/

ページトップへ