ギャグマンガコース教員 田中圭一の作品が『電撃マオウ』に掲載

2014 年 9 月 3 日

ギャグマンガコース教員 田中圭一の作品が『電撃マオウ』に掲載

©SEGA/セハガガ学園理事会

マンガ学部ギャグマンガコース教員 田中圭一の作品「ちきう☆防衛隊! セハガール」が、『電撃マオウ』2014年 10月号(8月27日発売/KADOKAWA)に掲載されました。

本作品は、セガのゲーム機を擬人化したアニメ「Hi☆sCoool! セハガール」のテレビ放映に先駆けてコミカライズの連載が開始されました。設定はアニメ版の学園モノとは異なり、防衛隊になったセガ・ハード・ガールズたちが描かれています。
原作はセガ、脚本は放送作家の岐部昌幸、執筆するマンガ家は毎回リレー形式で交代し、トップバッターを田中圭一が務めました。

KADOKAWA アスキー・メディアワークス『電撃マオウ』
http://maoh.dengeki.com/

ギャグマンガコースは、笑わせるというマンガの原点に立ち返り、ネタを生む発想力とセンスを徹底的にみがきながらマンガ制作を学ぶコース。漫才やコントの台本からマンガを描いたり、大喜利やコメディ映画からギャグのパターンを研究するなど、あらゆる笑いに接することで、マンガの固定概念にとらわれない作品づくりを目指します。常識を打ち破り、笑いを生む発想力は、マンガ業界だけでなく、テレビや舞台、映画、広告などエンタテイメントやコンテンツづくりに関わる幅広い業界で活かすことができます。
また、第一線で活躍する現役のマンガ家が教員にそろうギャグマンガコースは、現場を知る教員たちから直接指導を受けられる贅沢な環境です。

京都精華大学 マンガ学部 ギャグマンガコース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/manga/gagmanga/

ページトップへ