「国際陶磁器コンペティション」にて陶芸コースの卒業生が各賞を受賞

2014 年 8 月 22 日

「国際陶磁器コンペティション」にて陶芸コースの卒業生が各賞を受賞

「第10回国際陶磁器展美濃 国際陶磁器コンペティション」において、美術学部陶芸専門分野(現・芸術学部陶芸コース)卒業生の吉村敏治さんが陶磁器デザイン部門でグランプリを、芸術学部陶芸専門分野(現・陶芸コース)卒業生の藤井実佳さんが陶芸部門で審査員特別賞を受賞しました。

「国際陶磁器コンペティション」は、陶磁器のデザイン・文化の国際的な交流を通じて、陶磁器産業の発展と文化の高揚に寄与することを目的に開催される国際的なコンペティションで、既成概念にとらわれず、自由な発想で陶磁器の未来を切り拓く作品が国内外から集まります。

受賞作品は、2014年9月12日(金)~10月19日(日)まで、セラミックパークMINO展示ホールにて展示されます。

第10回国際陶磁器展美濃 国際陶磁器コンペティション
http://www.icfmino.com/icc/

土と火というシンプルな素材を用い、器や壺からアートやオブジェなどの多様な作品をつくる陶芸コース。自分の手でかたちをつくるために、手びねり、ロクロ、タタラなどの成形技法を習得すると同時に、さまざまな種類の土に触れ、色や風合いを決める釉薬を扱う知識も身につけます。
卒業後は作家として、あるいは窯元に就職して陶芸をつづける卒業生が多数いるのも特徴のひとつです。

京都精華大学 芸術学部 陶芸コース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/art/ceramics/

ページトップへ