芸術研究科修了生 児玉太一さんが「カルメン・アロセナ国際版画賞 2014」にて銀賞を受賞

2014 年 7 月 7 日

芸術研究科修了生 児玉太一さんが「カルメン・アロセナ国際版画賞 2014」にて銀賞を受賞

芸術研究科博士前期課程修了生の児玉太一さんの作品「Scenery over there_014_05」が、「カルメン・アロセナ国際版画賞 2014(THE INTERNATIONAL PRINT AWARD CARMEN AROZENA 2014)」において銀賞を受賞しました。

同賞は、スペインのアーティスト、カルメン・アロセナを顕彰する目的で開催されている公募展で、2014年度は各国から270作品の応募があり、児玉さんの作品は大賞に次ぐ銀賞を受賞しました。
受賞作品の展覧会は2014年10月にスペイン・マドリッドで開催されるほか、カルメン・アロセナの出身地であるカナリア諸島のラ・パルマ島でも行われます。

カルメン・アロセナ国際版画賞 2014
http://britaprinzarte.com/obragrafica/novedades.php?id=70&year=2014

児玉さんは、2003年に芸術研究科博士前期課程を修了。2010年に「フィンランド国際ミニプリントトリエンナーレ」で名誉賞を受賞、2011年には「イスタンブール国際版画展」にて技術賞を受賞、2013年には「国際シルクスクリーン展」において特別賞を受賞したほか、本年には「フレッヒェン国際版画トリエンナーレ」で奨励賞を受賞しています。また、ドイツ、ポーランド、フランス、日本など国内外の展覧会に参加するなど、国際的に活躍を続けています。

京都精華大学 大学院 芸術研究科
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/graduate/art/

ページトップへ