デジタルクリエイションコース3年生が”Facebookグループ”の投稿を見やすくするWebサービスを開発

2014 年 5 月 20 日

デザイン学部デジタルクリエイションコース3年生が開発したWebサービス「fasort(フェイソート)」が、本日5月20日にリリースされました。

「fasort」は、Facebookグループの投稿(過去投稿文含む)をより見やすく便利にするために開発したWebサービスです。いいね!やコメントに左右されることなく「投稿時間軸に沿ってタイムラインに表示」、「ユーザーごとの投稿をまとめて表示」、「自分が『いいね!』した投稿をまとめて表示」、「キーワード検索でほしい情報を1ページに表示」することが可能。
学生のサークルやコミュニティグループのほか、ビジネスシーンにおけるプロジェクトや会議のグループなど、グループ機能を使用するさまざまなユーザーを利用対象としています。

「fasort」は、Facebookユーザーにアンケート調査を行い、課題を見つけ、解決するためのWebサービスとして開発。画面のデザイン、プログラミング等、すべて開発者4名で行いました。開発のきっかけとなった授業(クリエイティブキャリア演習 通称『ひでつうゼミ』)では、大学で培った表現力を活かし、就職・独立・起業など「表現者にとっての就業」を支援。学生個人の能力や志向に合わせて、SNSを用いたセルフブランディングから、企画・立案を含む新たなWebビジネスの創出支援など、キャリアの可能性を具体化するサポートを行っています。

「fasort」実装機能 ※グループ投稿内
 ・投稿時間軸で表示
 ・ユーザーアーカイブ機能
 ・自分が「いいね!」した投稿を一つのページに表示
 ・投稿文のキーワード検索機能

fasortログインページ
http://fasort.com/

fasort Facebookページ
https://www.facebook.com/fasortJP

制作者
島谷賢治/松村達也/三上航人/村上輝康
(デザイン学部デジタルクリエイションコース3年生)

ページトップへ