マンガ学部客員教員 東村アキコの作品『海月姫』が映画化決定

2014 年 4 月 18 日

マンガ学部客員教員 東村アキコの作品『海月姫』が映画化決定

マンガ学部客員教員でマンガ家の東村アキコの作品『海月姫』の実写映画化が決定しました。2014年12月に公開予定です。

『海月姫』は、ヲタ女子軍団“尼~ず”の巣窟となっている男子禁制の共同アパート天水館で暮らす、クラゲヲタクのヒロイン・月海が、謎の女装男子・鯉淵蔵之介に出会ったことで徐々に変わっていくさまを描いたコメディ作品。『海月姫』は、現在までにコミックスが累計発行部数270万部を突破。第34回講談社漫画賞少女部門や、「このマンガがすごい!2011」オンナ編第3位を受賞しています。また、10年にはフジテレビ「ノイタミナ」枠にてテレビアニメ化もされています。

東村は、1999年に集英社『ぶ~け DX』にて「フルーツこうもり」でデビュー。実録育児マンガ『ママはテンパリスト』が100万部を超える大ヒットとなり、講談社で連載した「主に泣いてます」は12年にフジテレビでドラマ化されました。現在、集英社『ココハナ』にて「かくかくしかじか」、講談社『Kiss』にて「海月姫」を連載中。

『海月姫』

監督:川村泰祐
脚本:大野敏哉
原作:東村アキコ「海月姫」(講談社『Kiss』連載中)
出演:能年玲奈、菅田将暉、長谷川博己、ほか
配給:アスミック・エース
2015年12月全国ロードショー

コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/114619

映画『海月姫』公式サイト
http://www.kuragehi.me/

京都精華大学 マンガ学部
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/manga/

ページトップへ