アニメーションコース3年生が「ACジャパンCM学生賞」優秀賞受賞

2014 年 4 月 8 日

アニメーションコース3年生が「ACジャパンCM学生賞」優秀賞受賞

「第10回ACジャパンCM学生賞」において、マンガ学部アニメーションコース3年生(制作時は2年生)のグループが制作した作品「マネできるマナーを」が優秀賞を受賞しました。

公益社団法人ACジャパンによる同賞は、日本の未来を担う若い世代が広告制作を通して公共広告への理解を深め、また社会に主体的に関わる「公」の意識を育むことを目的に、社会へ向けた新しいメッセージを期待する賞として、2005年より毎年開催されています。

第10回となる今回は、参加校28校から176作品が集まりました。その中から、一次選考、二次選考を経て、ファイナリスト46作品が選出され、最終選考会において各賞が決定しました。

アニメーションコース2年生の授業「ストップモーションアニメーション実習」では、ストップモーションアニメーションの技法を用いたCM制作実習を行っており、5年前から「ACジャパンCM学生賞」に参加しています。単なる技術習得にとどまらず、企画の立案から完成まで一般視聴者にメッセージを伝えることを考えながら制作することで、学生の公共意識の育成を図っています。

[優秀賞]
「マネできるマナーを」(テーマ:路上マナー)

田島 裕、工藤寛也、長谷川佳那、日野杏奈、藤井麻菜見、水田裕樹夫(アニメーションコース 3年生)

ACジャパンCM学生賞
http://www.ad-c.or.jp/act/recruit.html

京都精華大学 マンガ学部 アニメーションコース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/manga/animation/

ページトップへ