ポピュラーカルチャー学部教員 山縣良和と藤原ヒロシの対談記事が『装苑』に掲載

2014 年 3 月 6 日

ポピュラーカルチャー学部教員 山縣良和と藤原ヒロシの対談記事が『装苑』に掲載

ポピュラーカルチャー学部ファッションコース教員 山縣良和と、同学部客員教員 藤原ヒロシの対談記事が、『装苑』4月号(2月28日発売)に掲載されました。

「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」のデザイナーである山縣と、音楽プロデューサー・アーティスト・ファッションクリエイターとして活躍する藤原が、ファッションやクリエーションについて語り合う内容になっています。また、対談では本学の授業や学生との関わりについてもふれています。

文化出版局『装苑』
http://fashionjp.net/soen/magazine/

ポピュラーカルチャー学部は、2013年に開設。音楽コースとファッションコースに分かれ、作品をつくることからイベントやショーの企画・運営までを学びます。また、Webサイトや雑誌の編集制作などを通して、音楽・ファッションのさまざまな情報発信方法も学んでいきます。

京都精華大学 ポピュラーカルチャー学部
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/popularculture/

ページトップへ