ファッションコース教員 山縣良和の作品が京都国立近代美術館で開催される「Future Beauty 日本ファッション:不連続の連続」に出展

2014 年 3 月 5 日

ファッションコース教員 山縣良和の作品が京都国立近代美術館で開催される「Future Beauty 日本ファッション:不連続の連続」に出展

ポピュラーカルチャー学部ファッションコース教員 山縣良和の作品が、3月21日(金・祝)から京都国立近代美術館で開催される「Future Beauty 日本ファッション:不連続の連続」において展示されます。

同展覧会は、日本のファッションの持つ創造性やそこに潜む文化的背景を探る目的で開催。現代ファッションを先導した三宅一生、山本耀司、川久保玲から、服と人との新たな関係性の構築をめざすゼロ年代のデザイナーまで、世界に評価される日本のファッションの独自性を、服や写真、映像などさまざまな表現形式で通観するものです。

山縣良和は、2005年にセントラル・セント・マーティンズ美術大学ウィメンズウェア学科を卒業。ジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを経て帰国し、07年に「writtenafterwards」を設立。ファッションデザインを学ぶ場「ここのがっこう」を主宰。2013年10月には「絶命展 ~ファッションの秘境」(パルコミュージアム)を坂部三樹郎氏とともにプロデュースし大きな反響を呼びました。また同年11月に『ファッションは魔法』(朝日出版社)を出版し、ファッションがもたらす新しい人間観を提示しています。

「Future Beauty 日本ファッション:不連続の連続」
会期:2014年3月21日(金・祝)~5月11日(日)
※休館日 月曜日(ただし4月28日、5月5日は開館)
会場:京都国立近代美術館
出展者:山縣良和(ファッションコース教員)ほか
http://www.kci.or.jp/exhibitions/fb/index.html

京都精華大学ポピュラーカルチャー学部ファッションコース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/popularculture/fashion/

ページトップへ