版画専門分野卒業生 青田真也さんが東京都現代美術館で開催の「MOTアニュアル」に出品

2014 年 2 月 17 日

版画専門分野卒業生 青田真也さんが東京都現代美術館で開催の「MOTアニュアル」に出品

版画専門分野卒業生 青田真也さんの作品が、東京都現代美術館で開催中の「MOTアニュアル2014」に出品されています。
「MOTアニュアル」は、日本の若手作家による現代美術の動向を紹介するものとして、東京都現代美術館が1999年から行っているグループ展です。
第13回目となる「MOTアニュアル2014」では、「フラグメント」という言葉をキーワードにして、人間の現実認識に新たな視点をもたらす6人/組の作家を紹介しています。

青田さんは、2006年に版画専門分野を卒業後、08年には「群馬青年ビエンナーレ2008」に出品、10年には「あいちトリエンナーレ2010」に参加しています。
プラスチックボトルやガラスビンなど、日常にごく普通にある既製品の表面をヤスリで丁寧に削ぎ落としていくことで、“素の形”や“モノの本質”を浮かび上がらせる作品を制作。本展覧会では、代表作であるボトルを新たに制作し、一堂に展示。バリエーション豊かなボトルに残された作家の痕跡を鑑賞できる作品を展示しています。

「MOTアニュアル2014 フラグメント―未完のはじまり」
会期:2014年2月15日(土)~5月11日(日)
※休館日 月曜日(ただし祝日の場合は翌平日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室3F
出品者:青田真也(芸術学部 版画専門分野 卒業)

東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/

ページトップへ