西陣織に触れられる「NISHIJIN BUS」が完成 ―産学連携をきっかけとして「西陣呼称550年」記念事業に京都精華大学の学生が参加―

2017 年 8 月 23 日

この度、京都精華大学デザイン学部ライフクリエイションコースと西陣織工業組合および京都市交通局が連携し、外装と内装に西陣織の装飾を施した「NISHIJIN BUS」が完成します。
本プロジェクトは、金襴の織り職人を父に持つ本学卒業生の提案をきっかけに、2015年度にスタート。当時ライフクリエイションコースの学生から出された、京都市内を走るバスに実際に触れられる西陣織を搭載するというアイディアをベースに、京都市交通局の協力のもとプロジェクトが進められ、外装だけでなくシートや吊り革、広告スペースに学生のデザインが展開されています。「西陣呼称550年」の節目となる本年に完成を迎えました。
「NISHIJIN BUS」は地下鉄東西線開業20周年記念イベント「電車・バス ファン感謝祭inみやこめっせ」にて展示されます。

■展示場所:京都市勧業会館「みやこめっせ」屋外特設会場
■日時:2017年9月2日(土)11:00~16:00 入場無料
※同日京都市勧業会館にて開始予定の「西陣金襴展~西陣呼称550年」にも学生作品が展示される予定です

本プロジェクトの協働者は以下の通りです。
池上真由美(プロジェクトコーディネーター)、小川浩保(小川織物株式会社 西陣織制作・アドバイザー)、山﨑徳子(岱﨑織物株式会社 西陣織制作・アドバイザー)、勝田穂波(ライフクリエイションコース3年 デザイン担当)、藤田聖香(同コース3年 デザイン担当)、米本昌史(同コース教員 本プロジェクト担当)

制作に携わった学生のコメント
本プロジェクトでは、西陣織についてよく知らない人たちに対して、どのようなアプローチをすれば興味を持ってもらえるか、ということを常に意識しました。バスの車内で、印刷ではない本物の西陣織に触れるという体験はめったにできないので、楽しんでいただけるのではないかと思っています。
京都が誇る伝統産業が、私たちにとってより身近な存在となり、形に変化があったとしても未来へと残っていってほしいと思います。
勝田穂波(同コース3年)

お問い合わせ先

※ご取材いただく際は、事前に広報グループまでご一報ください

京都精華大学 広報グループ
606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5197
Fax:075-702-5352
E-mail:kouhou@kyoto-seika.ac.jp

ページトップへ