岡本清一記念講座 「戦争化する世界と日本のゆくえ」

日程
2016年1月22日(金)
時間
19:00 ~ 20:30
※開場 18:30
会場
京都精華大学 友愛館 Agora
※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください
※地下鉄「国際会館」から大学まではスクールバスを運行しています

詳細

フランス思想をベースに戦争論を発信し、安保法制についても「安保法制に反対する学者の会」等の呼びかけ人として多方面に影響を与えている哲学者の西谷修が、「戦争化する世界と日本のゆくえ」と題し、講演を行います。戦争化する世界と日本の情況を読み解き、私たちの「自由」について、考えていきます。

【講師プロフィール】
西谷修(にしたに おさむ)
1950年愛知県生まれ。東京大学法学部、東京都立大学仏文大学院、パリ第8大学で学ぶ。明治学院大学文学部教授、東京外国語大学大学院総合国際学研究院(先端研究部門)教授を経て、現在、同大学名誉教授、立教大学大学院特任教授。
著書に「不死のワンダーランド」、「夜の鼓動にふれる――戦争論講義」、「理性の探求」など、訳書に「明かしえぬ共同体」 「実存から実存者へ」などがある。
フランス思想の研究をベースにグローバル化した世界の諸問題に多角的に言及、大学での教育活動の他、立憲デモクラシーの会、安保法制に反対する学者の会等の呼びかけ人として多方面で発言、講演活動などを行っている。

■「岡本清一記念講座」について
岡本清一記念講座は、京都精華大学の初代学長である岡本清一の掲げた建学の理念を受け継ぎ、広く普及するために開設した講座。教育理念「新しい人類史の展開に対して責任を負い、日本と世界に尽くそうとする人間の形成」を検証し、力強く継承することを目的として、今回で8回目。
過年度には小説家の高橋源一郎氏と社会学者の古市憲寿氏、作家の佐藤優氏などが講師を歴任した。

■京都精華大学
1968年、学生と教職員が平等な立場で創造する、新しい大学を目指して開学。文化と芸術の教育を行い、日本と世界に尽くそうとする人間の形成を教育の基本方針として、人文学部、芸術学部、デザイン学部、マンガ学部、ポピュラーカルチャー学部の5学部と人文学研究科、芸術研究科、デザイン研究科、マンガ研究科の4研究科を設置。京都市と共同で、京都国際マンガミュ-ジアムも運営する。

問い合わせ先

京都精華大学 企画課
Tel:075-702-5201



ページトップへ