大学院・芸術研究科「表現領域特講3」公開授業/美術表現と「法」「行政」

日程
2015年6月12日(金)
時間
16:20 ~ 19:30
会場
京都精華大学 黎明館地下1階 L-002

詳細

大学院・芸術研究科「表現領域特講3」のゲスト講義を公開します。
申込不要、一般の方もご聴講いただけます。

■講義概要
ジャンルや形態を問わず、クリエイティブな活動が、思わぬところから「法」や「行政」のコントロールを受けるケースが増えています。あえて挑戦的な活動をしている場合はもちろん、そうでなくても、自分が追求している表現や伝えたいメッセージが、いつ、どんな時に「法」や「行政」のコントロールを受けてしまうのか。それをどう考え、備え、行動すればいいのか。芸術家やクリエイターを支援する第一線の弁護士・専門家講師とともに実際のケースに触れながら議論します。

取り扱う事例:
「美術表現に関わる国内裁判例25選」
http://haps-kyoto.com/haps-press/art_precedents/arts_and_law/
「美術表現に関わる近時の国内規制事例10選 1993-2013」
なお美術以外の様々なジャンルの事例、また受講者からのリクエストや非公開事例にも触れます。

■ゲスト講師
水野 祐(みずの・たすく)
弁護士。シティライツ法律事務所代表。Arts and Law代表理事。Creative Commons Japan理事。そのほか、FabLab Japan Networkなどにも所属。武蔵野美術大学・非常勤講師(2014)。総務省「ファブ社会の展望に関する検討会」構成員(2014)、「ファブ社会の基盤設計に関する検討会」構成員(2015)。著作に『クリエイターのための渡世術』(ワークスコーポレーション)(共著)、『オープンデザイン 参加と共創からはじまるつくりかたの未来』(オライリー・ジャパン)(共同翻訳・執筆)、連載に『法のデザイン インターネット社会における契約、アーキテクチャの協働』(Business Law Journal)などがある。
Twitter:@taaaaaaaaaask

「大学院・芸術研究科「表現領域特講3」公開授業/美術表現と「法」「行政」」チラシ [PDF:171KB]

問い合わせ先

京都精華大学 教務課
芸術学部・芸術研究科担当:075-702-5244



ページトップへ