公開トーク「いのちと文化をはぐくむ森 ―メキシコ・トセパン協同組合の持続可能なとりくみと森を守るコーヒー」

日程
2014年11月26日(水)
時間
12:30 ~ 16:00
会場
※詳しくは下記をご確認ください

詳細

海外からゲストを招いての公開授業です。一般のみなさまも自由に聴講できます。ぜひ、ご参加ください。

話し手
レオナルド・ドゥラン(Leonardo Duran)さん/トセパン協同組合プロジェクトリーダー
中村隆市(なかむら・りゅういち)さん/(株)ウィンドファーム社長

■セッション1
12:30~14:30 京都精華大学 清風館 C-103
メキシコでの先住民族による森林農法の紹介、持続可能なコーヒーとフェアトレードについて、レオナルドさんのお話を中心にうかがいます。質疑の時間もあります。

■セッション2
14:40~16:00 京都精華大学 清風館 C-205
日本でのフェアトレードのこれまでと今後の展望について、中村社長との質疑や意見交換を中心におこないます。レオナルドさんも同席されます。

※2つのセッションは別内容です。どちらか一方だけの参加も可能
※スペイン語・日本語 逐次通訳

メキシコ南東部プエブラ州のナワット人(アステカ系先住民族)の共同体にねざす「トセパン協同組合」(Cooperativa Tosepan Titataniske)は、先進的な森林農法(アグロフォレストリー)とフェアトレードの担い手として、実績を築いてきました。レオナルドさんは、農業技術指導、流通開拓、社会教育などの分野で活躍しておられます。

(株)ウィンドファームの創業者である中村さんは、日本での「公正貿易」事業の先駆者として、質の高いフェアトレード商品の卸し・通販事業を確立するとともに、生産者と消費者の「顔の見える関係」をはぐくむ様々な活動を積極的に展開してこられた方です。

アレグロフォレストリー 全国キャンペーンツアー2014
http://www.windfarm.co.jp/news/post-17259

問い合わせ先

人文学部 細川研究室
E-mail:k22m@me.com



ページトップへ