公開シンポジウム「〈いのち〉はいかに語りうるか?―生命科学・生命倫理における人文知の意義」

日程
2016年11月26日(土)
時間
13:30 ~ 17:00
会場
日本学術会議講堂

106-8555
東京都港区六本木 7-22-34
Tel:03-3403-3793
http://www.scj.go.jp/ja/other/info.html

詳細

斎藤 光(京都精華大学 ポピュラーカルチャー学部 教員)「遺伝子」概念・「細胞」概念のゆらぎと拡散
小松美彦(武蔵野大学)〈いのち〉はいかに理解されてきたのか―科学的生命観と人生論的生命観
島薗進(上智大学)〈いのち〉の始まりをめぐる生命倫理―「限りあるいのち」と「いのちをつくること」
安藤泰至(鳥取大学)〈いのち〉の終わりをめぐる生命倫理―「いのちを守る」とはどういうことか?

※事前登録不要、入場無料

公開シンポジウム「〈いのち〉はいかに語りうるか?―生命科学・生命倫理における人文知の意義」
http://japan-bioethics.blogspot.jp/2016/09/blog-post.html



ページトップへ