京都精華大学ポピュラーカルチャー学部オープン講義「音楽と世の中と自分、そして京都でできることを考える」

日程
2018年2月21日(水)
時間
13:00 ~ 18:00
※入場 12:30~
会場
MTRL KYOTO

600-8119
京都市下京区本塩竈町554
https://mtrl.com/kyoto/access/

詳細

京都精華大学ポピュラーカルチャー学部の本講義では、音楽に関わるさまざまな分野で活躍されている方を招いて、ポピュラー音楽が現在置かれている環境について理解を含めて、「仕事」「職業」「自分と音楽の関わり」について考えてきました。

最終日となる本講義は、MTRL KYOTOに会場を移し、音楽にとどまらないクリエイティブな仕事全般について、そして、それらの社会との関わりについて、さらには、その中での京都の可能性について、学生と一般の方が共に考えるオープンな場です。

■プログラム
12:30~:開場
13:00~14:30:木下浩佑(MTRL KYOTO マネージャー)
14:40~16:10:田中元子(株式会社グランドレベル代表取締役社長)
16:20~17:50:講師とゲストによるトークセッション

■講師
永田 純 (ポピュラーカルチャー学部 音楽コース 教員)

■ゲスト
田中元子(株式会社グランドレベル代表取締役社長)
木下浩佑(MTRL KYOTO・FabCafe Kyoto マネージャー)

詳しくは、下記Webサイトをご覧ください。

京都精華大学ポピュラーカルチャー学部オープン講義「音楽と世の中と自分、そして京都でできることを考える」
https://mtrl.com/kyoto/events/190221_music-open-lecture/



ページトップへ