2017年度「京都の伝統美術工芸」講座

日程
2017年4月13日(木) ~ 2018年1月25日(木)
※詳しくは各プログラムをご参照ください
時間
13:00 ~ 14:30
会場
京都精華大学 黎明館1階 L-101

詳細

「京都の伝統美術工芸」講座では、京都の伝統美術・工芸に関する研究者や作家、職人、デザイナー等、毎回異なる分野の講師が、各々の専門テーマで講演を行います。この授業は公開講座として、また大学コンソーシアム京都の単位互換科目として、広く市民の方々や他大学の学生方にも開かれた講座です。

※学外一般の方が、本講座の聴講を希望される場合は、特に申込手続き・聴講料等は不要です。聴講ご希望講座の当日13:00までに会場となる教室(黎明館L-101)まで直接お越しください
※大学コンソーシアム京都の単位互換科目としての受講を希望される方は、年度初めの定められた期日までに大学コンソーシアム京都までお申込みください

■ 2017年度 前期日程

4月13日(木) 伝統技術が支える表具と文化財
 岡 岩太郎 氏(株式会社岡墨光堂 代表取締役)
4月20日(木) 京都概論
 佐藤敬二(本学教員)
4月27日(木) 西陣織を世界へ
 細尾真生 氏(株式会社細尾 代表取締役社長)
5月11日(木) 茶の湯釜の制作と鑑賞
 大西清右衛門 氏(千家十職釜師 十六代・大西清右衛門美術館館長)
5月18日(木) 世界の中の漆工芸 過去~現在~未来
 岡田紫峰 氏(漆芸工房・漆芸修復所 紫雲 主宰)
5月25日(木) 伝統とは何か-竹久夢二、「工芸」のハイブリディズム(異種交配性)
 岩城見一 氏(京都大学名誉教授・元京都国立近代美術館館長)
6月1日(木) 茶筒を世界の日常に
 八木隆裕 氏(株式会社開化堂 取締役)
6月8日(木) 「藍の青」工芸からアートへ
 福本潮子 氏(藍染色作家)
6月15日(木) 京人形・作り伝えること
 面屋庄甫 氏(京人形司)
6月22日(木) 都と香り
 畑 正高 氏(香老舗松榮堂主人)
6月29日(木) 祗園祭と渡来染織品について
 吉田孝次郎 氏(祗園祭山鉾連合会 顧問)
7月6日(木) 京菓子いろいろ
 山口富藏 氏(株式会社末富 取締役社長)
7月13日(木) 日本の文化を世界へ伝える
 スティーブ・バイメル 氏(エスプリトラベル 創業者)
7月20日(木) 現代に生きるふろしき
 山田悦子 氏(ふろしき製造卸 山田繊維株式会社 取締役 広報部 アートディレクター)
7月27日(木) 伝統産業とイノベーション ~伝統産業の展開と可能性~
 米原有二(本学教員)

■ 2017年度 後期日程

10月5日(木) 京都の伝統美術工芸2 講座ガイダンス~これからの伝統工芸
 佐藤敬二・河村源三・上野真知子・米原有二(本学教員)
10月12日(木)

和のデザインと継承~京の友禅文様
 今井淳裕 氏(株式会社千總 製作本部課長 商品開発プロデューサー)
10月19日(木)

友禅染~技術と造形的試行
 森口邦彦 氏(染色家 重要無形文化財「友禅」保持者)
10月26日(木) 和紙について~製紙現場から
 林 伸次 氏(黒谷和紙協同組合 紙漉職人)
11月9日(木) 伝統文化再生の産業化にむけて
 澤野道玄 氏(株式会社さわの道玄 代表取締役社長)
11月16日(木) 京商家 杉本家に伝わる仏教信仰と工芸~荘厳と精進膳漆器
 杉本節子 氏(料理研究家・公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会常務理事兼事務局長)
11月23日(木)

「木桶」から見るアート・クラフト・デザインの関係
 中川周士 氏(中川木工芸 比良工房 主宰)
11月30日(木) 輝けるきもの美
 田畑喜八 氏(社団法人日本染織作家協会理事長、日本伝統工芸士会会長)
12月7日(木) ギャラリートーク、2017年度『京都の伝統産業実習ガイダンス』
(履修希望の本学学生は出席のこと)
 佐藤敬二・河村源三・上野真知子・米原有二(本学教員)
12月14日(木) 金箔の姿~西陣の金箔屋の仕事
 野口 康 氏(箔屋野口 四代目当主)
12月21日(木) 仏像に聴く
 江里康慧 氏(平安仏所 仏師)
12月28日(木) 空間と生け花
 笹岡隆甫 氏(未生流笹岡家元)
1月11日(木)

日本の伝統色と京都の風土
 吉岡幸雄 氏(天然染料染織史家)
1月18日(木)

京唐紙について
 千田誠次 氏(株式会社唐長 十二代目当主)
1月25日(木) これからの伝統工芸とデザイン
 金谷 勉 氏(有限会社セメントプロデュースデザイン代表取締役・プロデューサー)

2年次または3年次にこの講座を履修した芸術学部・デザイン学部・マンガ学部の学生は、3年次または4年次に学外で実践的な勉強をする「京都の伝統産業実習」を履修することができます。

長い歴史につちかわれた京都の伝統工芸を、伝統と革新が激しく交差する企業の現場で学びます。歴史的に蓄積された文化とその環境に直接触れる体験を通じて、伝統工芸や各産業への興味と理解を深めるとともに、この分野での創造的発展に貢献できる人材の育成を目指します。

「京都の伝統産業実習」2015年度実習先・予定について

問い合わせ先

京都精華大学 教務チーム
Tel:075-702-5119



ページトップへ