「体罰をみんなで考えるネットワーク」設立記念シンポジウム 『体罰』の向こうに見えるもの

日程
2015年1月11日(日)
時間
14:40 ~ 17:00
※受付 14:30~
会場
龍谷大学大阪梅田キャンパス研修室

530-0001
大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階
http://www.ryukoku.ac.jp/osaka_office/access/

お問い合わせ
Tel:075-702-5254(京都精華大学 人文学部 住友研究室)
出演・出展者
住友 剛(人文学部 教員)ほか

詳細

「体罰」は日本の教育のありようを考える重要な課題。
でも、具体的にはどのような課題があるのでしょうか?
学校・家庭・地域社会で、「体罰」が容認されているのはなぜでしょうか?
「体罰」と「暴力」と、なにが、どのように違うのでしょうか?
「体罰」に頼らないで、子どもとおとなのいい関係を築くことはできないでしょうか?
今回のシンポジウムでは、「体罰」から、日本の教育をとりまくさまざまな課題について、参加者のみなさんといっしょに考えたいと思います。
※申し込み方法など、詳しくは下記をご確認ください

facebook
https://www.facebook.com/events/566144606821056/?ref=52&source=1



ページトップへ