みることに触れる、描くことの現在(芸術学部 洋画コース 安喜ゼミ)
  • TOP -トップ-
  • Exhibition -展覧会-
  • Collection -所蔵品-
  • About -ギャラリーフロールについて-
  • Access -アクセス-

京都精華大学ギャラリーフロール > 展覧会 > みることに触れる、描くことの現在(芸術学部 洋画コース 安喜ゼミ)

Exhibition - 展覧会 -

基本情報

みることに触れる、描くことの現在(芸術学部 洋画コース 安喜ゼミ)

会期:2019年12月18日(水)〜12月28日(土)、2020年1月6日(月)
開館時間:10:00~18:00
休館日:日曜日、12月29日(日)〜2020年1月5日(日)
入館料:無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール
主催:京都精華大学芸術学部洋画コース安喜ゼミ

概要

洋画コース安喜ゼミによる展覧会

出品する11名は、90年代後半に生まれ、電子技術の展開とともに情報が交錯する世界の中で成長しました。肉体を携えて生きる現実との狭間にもどかしさを抱えながら、それぞれの方法で「みる」ことに向き合い、物質をともない「描く」、「触れる」ことによって信じられるものを手繰り寄せます。
合理性や流行的個性とはかけ離れたかに見える「絵画的思考」の可能性が、むしろ未来への大切なツールとして新鮮に開示することを願い、本展を企画しました。ご高覧たまわれましたら幸いです。

出展作家:
東 完治、工藤千夏、原 美菜、関 孔太郎、大石いずみ、朱 泓宇、岡田 文、松宮慧美、望月さやか、山下真由、岩下優香

Facebook https://www.facebook.com/100491128057164/
Instagram http://instagram.com/kyotoseikayouga
Twitter https://twitter.com/seika_youga

関連イベント

ギャラリーツアー
日時:12月18日(水)、28日(土)14:00~
会場:京都精華大学ギャラリーフロール

  • WXPW[
  • ONx܂ł̓W
  • J^O
  • \Wɂ‚