日仏アニメーションの出会い トップへ | 展覧会・イベント情報トップへ | 京都精華大学トップへ
Day.01 10月6日(木)
Day.02 10月7日(金)
Day.03 10月7日(金)
Day.04 10月7日(金)
13:00〜
15:45〜
17:00〜

13:00〜 上映&トーク マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットの作品を観ながら『アニメーションと絵本--マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット氏との共同制作』 クリストフ・エルベス /司会:津堅信之

『オスカーとフー』(評論社)でマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットとの共同制作をしているクリストフ・エルベス氏に話を聞く。

<プロフィール>

● マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

1953年、オランダ生まれ。スイスのジュネーブではエッチングを学び、イギリスではアニメーションを学んだのち、最初の映画『インタビュー』を制作。
最新作『岸辺のふたり』は、アカデミー賞短編アニメーション賞受賞の他、広島国際アニメーションフェスティバルHIROSHIMA2002グランプリに輝いている。

●クリストフ・エルベス

1963年3月5日、パリ生まれ。Canal+Internationalなど、イギリス、フランス、ドイツ、スペインでのテレビの子ども番組の制作に携わる。1998-2000とFox Kidsのヨーロッパ番組編成担当を経て、2000年よりのJetix(旧Fox Kids)ドイツの代表を勤める。
また、テオの名で絵本の作家としても活動しており、『オスカーとフー』(評論社)では、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットと共同制作をしている。

 

15:45〜 講演会『アニメクリエイターを志す人たちへ」 りんたろう /司会:津堅信之

<プロフィール>

●りんたろう

日本アニメーション界を代表する監督の一人。『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『ムーミン』など多くのテレビ作品をはじめ、劇場作品『銀河鉄道999』『幻魔大戦』など芸術性の高い作品を発表し続けている。2001年「メトロポリス」は第5回メディア芸術祭審査委員会推薦作品。2006年より京都精華大学マンガ学部アニメーション学科客員教授就任予定。

 

17:00〜上映<りんたろう監督作品>「METROPOLIS」(2001年/日本/113分/35mm・カラー)監督:りんたろう
METROPOLIS
(c)手塚プロダクション/METROPOLIS制作委員会

<作品詳細>

巨大都市メトロポリスを舞台に繰り広げられる、人間とロボットの愛と戦いを描いた長篇アニメーション。手塚治虫の原作コミックを基に大友克洋が脚色。近未来、人間とロボットが共存する巨大都市国家メトロポリスは、超高層ビルの“ジグラット”のオープンにわきたっていた。ところが、そのビルこそ世界征服を企むレッド公の野望の拠点となるべき城砦であり、その最上階に座るロボット守護神・ティマが、今まさに完成されようとしていた・・・。