京都の伝統産業演習

精華ならではのアプローチ 伝統産業の実習プログラム。

歴史に学び、未来に還元する。
京都精華大学の伝統産業カリキュラム

京都精華大学では、伝統産業の理論と実践を修得する講義群を副専攻科目のひとつ〔京都伝統文化〕として位置づけています。理論講義の単位修得後に実践編として学外演習を体験することで、知識と技術が連動し、手仕事を多角的に捉える視点を育みます。この学びは文化への理解を深め、主専攻における表現の幅を広げることを目的としています。約40年間にわたって京都精華大学と伝統産業界がともにつくりあげてきた独自のカリキュラムです。

学外での体験授業

伝統を体感し、匠の技に学ぶ

毎年、夏になると京都精華大学では伝統産業の工房を教室とした学びがはじまります。対象となる学生は全学部、全学科。マンガ専攻の学生が陶芸の絵付けに取り組み、ファッション専攻の学生が伝統染色の工房に通いつめる、グラフィックデザインと着物図案の関係性を調べる学生もいます。そうした学びはきっと人生においてかけがえのないものになるはずです。
大学を離れて学ぶ2週間は、京都で表現を学ぶことの意義を体感する期間でもあります。この演習を通じて、これまでに多くの学生たちが生きた伝統にふれ、新たな視点や可能性を持ち帰りました。

演習先一覧 ※実績

織物 株式会社川島織物セルコン http://www.kawashimaselkon.co.jp/
織物 桐織物工場 http://www.kiriorimono.jp/
綴織 細見綴織工房
京繍 繍匠 樹田
染織(京友禅) 株式会社千總 http://www.chiso.co.jp/
草木染組紐 有限会社藤三郎紐 http://www.page.sannet.ne.jp/ota-ko/
染色 染司よしおか http://www.sachio-yoshioka.com/
越前和紙 株式会社岩野平三郎製紙所 https://www.iwanoheizaburouseisisho.com/
越前和紙 有限会社山喜製紙所 https://www.washi-kitaro.com/
黒谷和紙 手漉き造紙工房 風空路
京唐紙 唐長 https://www.karacho.co.jp/
京版画 佐藤木版画工房
清水人形 髙橋毅孖
陶磁器(京焼・清水焼) 澤村陶哉工房
陶磁器 竹中浩工房
陶磁器・絵付け 真葛焼 宮川香斎 http://www.makuzu-yaki.jp/
漆工芸 好謙漆工房 http://www.eonet.ne.jp/~koken-murata/
竹工芸(編組) 竹美斎
木工芸(京指物) 宮崎木材工業株式会社 http://www.miyazaki-mokuzai.com/
木工芸(京指物) 中川木工芸 比良工房 http://www.nakagawa-mokkougei.com/
京人形 面庄工房 http://mensho.a.la9.jp/
京象嵌 株式会社川人象嵌 http://www.kawahitozougan.com/
錺金具 株式会社森本錺金具製作所 http://www.morimotokazari.co.jp/
文化財修復 株式会社さわの道玄 http://www.sawanodogen.com
京表具・文化財修理 株式会社岡墨光堂 http://www.bokkodo.co.jp/
京造園 植治 小川治兵衞 https://www.ogawajihei.jp/
株式会社松榮堂 http://www.shoyeido.co.jp/
茶筒 株式会社開化堂 https://www.kaikado.jp/

演習を受講するためのステップ科目

「京都の伝統工芸講座」京都の伝統美を受け継ぐ、豪華な講師陣

京都の伝統美術・工芸に関する研究者や作家、職人、デザイナー等毎回異なる分野の講師陣が各々の専門テーマで講演を行います。本講義は広く市民の方々にも開かれています。

「和の文化論」伝統の素材と意匠を学び、日本文化を知る

日本の工芸における伝統的な素材(木/漆/絹/竹/金属等)の特性と加工技法についての知識を養います。また、家紋をはじめとする伝統意匠を読み解き、デザインの側面から日本文化を考えます。

2019年度「京都の伝統工芸講座」スケジュール

ページトップへ