• 音楽で生きていく道は、プロミュージシャンになるだけでなく、映像業界やゲーム業界など、さまざまな分野にあります。
    本コースの学びは、作詞作曲、演奏者やエンジニアとの共同作業での音楽づくり、さらに音楽レーベルの立ち上げ、音楽をテーマにしたイベントの企画・運営、フリーペーパーの制作など多岐にわたります。音楽を届けるプロジェクトに関わることで、世の中に広めることを意識しながらこれからの音楽のあり方を考えます。楽曲制作をしない人でも、本コースなら音楽をテーマにしたイベントや冊子・ウェブサイトなどの情報発信により、人びとに寄り添う音楽の場をつくり出すことができます。

4年間の学び

  • 音楽1年次
    • 1年次●
    • レコーディング・作曲の基礎を学ぶ。
  • まずは全員が「つくる」「届ける」両方の実習を履修します。作曲や録音、情報発信の方法を基礎から学び、これまで「好き」「楽しい」という感覚で接してきた音楽に、より深く関わっていくための力をやしないます。

1年次で身につく力

●レコーディングの基本的な知識と技術
●音楽制作ソフトを使って作曲する力
●楽曲をきき、音や構成を分析する力

  • 音楽2年次
    • 2年次●
    • 音楽をつくり、届ける力を身につける。
  • レコーディング、作曲、DTM、雑誌制作、イベント企画など、多様な内容の実習を組み合わせて履修し、将来のイメージを固めます。与えられた課題をこなすなかで、「この力を武器にしていこう」という手応えを見つけ出します。

2年次で身につく力

●プロとしての音づくりに必要な作詞や作曲、レコーディングなどの知識と技術
●音楽イベントを企画し、社会に向けて発信する力

  • 音楽3年次
    • 3年次●
    • 進路に応じて、専門的に音楽との関わり方を学ぶ。
  • 各教員が開講する「ゼミ」に所属し、表現方法の研究や音楽ビジネスなど専門性の高いプロジェクトに取り組みます。作品や仕事の質を向上させながら、世の中に問うてみたい音楽や文化のあり方について探究します。

3年次で身につく力

●卒業後の進路をみすえた、高度な技術と知識
●音楽を社会へ展開させる行動力

  • 音楽4年次
    • 4年次●
    • 自分の音楽表現をかたちにする。
  • 身につけたスキルを活かし、自ら決めたテーマにもとづいて楽曲の制作やイベントの企画・運営などの卒業制作(または卒業論文)に取り組みます。まわりと協力しながらプロジェクトを完成させ、4 年間の成果を表現します。

4年次で身につく力

●プロとして活動することを意識し、自分なりの音楽との関わり方をみつけ、かたちにする力

卒業後の進路

それぞれの世界観を、音楽を通じて表現する力を身につける音楽コース。ミュージシャンやプロデューサーとしてはもちろん、音づくりの知識と技術は、作曲家や編曲家、サウンドエンジニアなど、プロの現場でも発揮できます。ライターや編集者として音楽業界をリードすることも期待されています。

  • ● 世界観と表現力をもったミュージシャンに
  • ● 新しい形態の音楽イベントやフェスを開催
  • ● 世界を舞台に活躍する音楽プロデューサー
  • ● 音楽サイトや雑誌の編集者として活躍する

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ