• ファッションコースの目標は、単に目新しい服をつくることではありません。自分がつくり出すファッションが誰に対してのものなのかを調査・分析にもとづき、考えて服をつくることや、ファッションを広く社会に届けることを学びます。
    そのために、まずは服づくりや雑誌編集の基礎を学修。この経験や希望する進路にあわせて、服づくりをきわめるクラスと、展覧会企画やブランディングなど、服を届けるための力をみがくクラスに分かれます。さらに、ファッションをテーマにしたビジネスをつくるための理論や経験などについても修得でき、自分なりのやり方で新たな仕事をつくる方法を身につけることができます。

4年間の学び

  • ファッション1年次
    • 1年次●
    • 服づくりの基礎技術とプロセスを学ぶ。
  • 縫製やパターンの基礎を身につけ、さまざまな服や素材について学修します。服づくりの技術を修得すると同時に、服の機能や目的、またその届け方について分析し、問題点がどこにあるかを提議し、解決案を模索しながらデザインを制作します。

1年次で身につく力

●服の構造をとらえ、かたちにする力
●基本的なデザインのプロセス

  • ファッション2年次
    • 2年次●
    • つくったものを社会へ発信する。
  • 1年次に身につけた知識と技術を応用し、自身のデザインをかたちにしていきます。また、自分たちがつくった服や提案したいファッションを、Webサイトや雑誌などのメディアを通して人の手に届けることに取り組みます。

2年次で身につく力

●自ら決めたテーマをかたちにする力
●さまざまなメディアでファッションを発信する力

  • ファッション3年次
    • 3年次●
    • 進路に合わせて、専門性を深める。
  • 「コレクション制作」「服のデザインと制作技法」「ブランド設計」「デザインとキュレーション( 展覧会企画)」から、進路や興味・関心に応じた1 ~ 2 クラスを選択。それぞれのクラスの学びを通じ、将来に向けて専門性と表現力を深めます。

3年次で身につく力

●より高度で専門的な知識と技術
●めざす進路に応じたスタイルを確立

  • ファッション4年次
    • 4年次●
    • 社会へ発信し、未来につなげる卒業制作。
  • 自らが設定したテーマにもとづき卒業制作やプロジェクトに取り組みます。自分のブランドを立ち上げてコレクションを発表する、SNSを使った新しい情報発信の方法を提案するなど、これまでの集大成をかたちにします。

4年次で身につく力

●プロの現場で通用する専門性
●自分のスタイルをかたちにして社会へ発信する力

卒業後の進路

最先端のファッションデザインを生み出す力、ファッションを発信・流通させる力、ファッション文化を担う批評力。専門的なスキルと独自の価値観を身につけた卒業生たちは、変化の激しいファッション業界でも流されることなく、それぞれの立場から新しいファッションを提案することができます。

  • ● 世界をリードするファッションデザイナー
  • ● 流行を発信するショップオーナーやスタイリスト
  • ● たしかな技術とセンスをもったパタンナー
  • ● Webサイトや雑誌で伝える編集者やライター

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ