榊原 太朗 alt=

榊原 太朗

SAKAKIBARA Taro

マンガ学部 マンガ学科
カートゥーンコース
専門分野
カートゥーン

経歴・業績

1983年静岡県出身。2007年京都精華大学芸術学部マンガ学科カートゥーン専攻卒業。
個展に2017年「Taro Sakakibara Hitokoma Manga Show」(GALLERY TOMO ITALY / MAG・イタリア)、「榊原太朗のカートゥーン絵画展」(あべのハルカス近鉄本店アートギャラリー・大阪)など。グループ展に2018年「京都府新鋭選抜展2018」(京都府京都文化博物館・京都)、2017年「はじまりのアトリエ にわか雨Act2」(CCC 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター・静岡)など。受賞に2017年「京都府新鋭選抜展2017」読売新聞社賞など。2009年より三年に一度のペースで地元密着アートイベント「オカベトリエンナーレ」を静岡県藤枝市で開催。

メッセージ

私は、マンガ制作の基本的な素材であるペン、インク、紙を用いた絵画表現を試みています。明治の浮世絵、昭和の街並み、平成のテレビゲームといった日本の様々なカルチャーの要素を作品に取り入れ、日本人のカートゥニストならではの表現とは何かを考え制作しています。
カートゥーンとは風刺マンガや一コママンガのことを指しますが、必ずしもそれらにとらわれる必要はありません。自分自身の解釈次第で、多様な表現の可能性を秘めた分野といえます。クロッキーやアイデアの基礎修練をしっかりと積み、今を生きるあなたなりのカートゥーンを模索してください。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ