京都精華大学TOP > 学部・大学院 > 教員紹介 > レベッカ・ジェニスン


レベッカ・ジェニスン alt=

レベッカ・ジェニスン

Rebecca JENNISON

人文学部 総合人文学科 文学専攻
大学院 人文学研究科
専門分野
批評理論 / ジェンダー論

経歴・業績

米国コーネル大学大学院東アジア文学研究科修士課程修了。近代・現代文学/芸術をジェンダーの視点から研究継続中。日本で活躍している女性アーティストの作品翻訳・紹介を国内外で発表。最近の著作に『Still Hear the Wound: Toward an Asia, Politics, and Art to Come』(李静和編、Brett de Baryと共編、Cornell East Asia Series, 2015)、 『Imagination Without Borders:Feminist Artist Tomiyama Taeko and Social Responsibility』(共編、Laura Hein,Center for Japan Studies, University of Michigan, 2010)。 2012年、「Art,Performance and Activism in Contemporary Japan」という国際交流展をロンドンで開催(キングストン大学のフラン・ロイド氏とコー・キューレター)。

Rebecca Jennison teaches Gender and Literature in the Department of Humanities, Kyoto Seika University. Her publications include a volume of translated essays titled *Still Hear the Wound, Toward an Asia, Politics and Art to Come,* co-edited with Brett de Bary (Cornell East Asia Series,2015), *Imagination without Borders: Feminist Artist Tomiyama Taeko and Social Responsibility*, co-edited with Laura Hein (Center for Japan Studies, University of Michigan, 2010). She also co-curated "Art,Performance and Activism in Contemporary Japan" (Pumphouse Gallery, London,2012) with Fran Lloyd, Kingston University. (http://www.art-of-intervention.com/exhibitons-events.php). She is currently working on Japanese feminisms and performance art, and cultural responses to the disasters of March 11, 2011.

メッセージ

21世紀により安心して暮らせる社会/世界をどのように作れるのか?皆さんと一緒に考えていきたい。大学生になることはあなた自身の「人生の一人旅」の第一歩になります。自ら興味・関心のあることを追求していけば、あらたな地平が見えてくる。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ