京都精華大学TOP > 学部・大学院 > デザイン学部 > プロダクトコミュニケーションコース


  • プロダクトコミュニケーションコースでは、身近な日用品から家電、乗り物など、人の生活や社会を支える工業製品をつくり出し、明るい未来をつくる次世代の工業デザイナーを育てます。
    授業では、デザインの基本となる素材やかたち、機能を学ぶ実習をはじめ、使う人のニーズをつかむためのリサーチやアイデアを生み出すプログラムなどを実施。さらに3 DCAD や3 Dプリンターなど、最新鋭の機材を扱うスキルも身につけます。
    また、企業や行政機関とのコラボレーション授業が多いのもプロダクトコミュニケーションコースの特色です。実社会で働く人たちとの協働から、社会に求められるデザインを理解し、商品企画などを念頭においた総合的なプロデュース力をやしないます。

4年間の学び

  • プロダクトコミュニケーション1年次
    • 1年次●
    • 平面・立体の造形とデザインの基礎を学ぶ。
  • 1年次は平面・立体の基礎造形力を身につけます。製品のデザインに必要な製図や、紙を使った立体物の制作に取り組むほか、グラフィックソフトの基礎的な操作スキルも修得します。

1年次で身につく力

● アイデアをかたちにするための基礎的な造形力と描画力。
● 素材に関する知識と加工の技術。

  • プロダクトコミュニケーション2年次
    • 2年次●
    • 本格的な製品デザインに取り組む。
  • 2年次は日常生活のなかで抱えている課題を発見し、その課題を解決するためのアイデアを家電製品などのかたちにしていきます。プロダクトデザインのプロセスを実体験から学び、デザイナーに必要な視点や考え方を身につけます。

2年次で身につく力

● デザイナーに必要な視点や考え方。
● アイデアを製品にするまでの一連のプロセス。

  • プロダクトコミュニケーション3年次
    • 3年次●
    • 社会の課題を解決するデザインを学ぶ。
  • 3年次では興味・関心や将来の進路にあわせて、スポーツ用品のデザインやアイウェアデザインなどのプロジェクト型授業を選択して学修します。人間工学と道具との関係性や素材選び、加工、プロモーションまでを実践的に学びます。

3年次で身につく力

● より専門的な知識と技術。
● 利便性と美しさを兼ね備えたデザインを生み出す力。

  • プロダクトコミュニケーション4年次
    • 4年次●
    • 未来の社会をつくり出すものづくりを行う。
  • 4 年間で身につけた使う人のことを考えてデザインする力を活かし、卒業制作に取り組みます。これまでに学んだ分野から追究したいものを選んで徹底的に突き詰め、未来を快適なものに変えるものづくりを実践します。

4年次で身につく力

● 社会や人の暮らしから課題を見つけ、デザインで解決する力。

卒業後の進路 各学部の進路

プロダクトデザイナーとして大手企業で活躍する卒業生が多いプロダクトコミュニケーションコース。4年間で身につけた知識と技術が社会から高く評価されています。プレゼンテーションに力を入れているため、企画力、自己プロデュース能力が身についているのも、このコースの学生の強みです。

  • ● 家電、生活用品、眼鏡などの企業に所属する工業デザイナー
  • ● デザイン事務所に所属し、商品開発にたずさわる工業デザイナー
  • ● 企業の新商品戦略を考える商品企画担当者
  • ● 商品開発全体をコントロールするデザインディレクター
  • ● 市場動向の調査・分析などを行うマーケッター

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ●高等学校教諭一種免許状(工芸)
  • ●中学校教諭一種免許状 (美術)
  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ