週末相談会(5/23・24) Individual consultation on WEB

ADMISSIONS

WEB相談・電話相談の方法

京都精華大学では、WEBや電話で受験生からの個別相談を受け付けています。
普段は平日に相談会を実施していますが、今回は特別に週末相談会を開催します。
保護者の方のご参加も歓迎です。

4年間の学びや入試、奨学金など、大学進学に関する個別の相談に、教職員がお答えします。
申し込みフォームからお気軽にお申込みください。
※説明は日本語で行います。

受付日 受付時間
5月23日(土)、24日(日) 10:00~16:00
平日の相談を希望する方はこちらをご覧ください
相談は1回15分〜30分程度です。お気軽にお申し込みいただけます。

WEB相談

相談には、アプリを利用した「ビデオ通話システム」を使用します。
申し込み手順は簡単3ステップ。使ったことがなくても安心してお申し込みください。
※インターネットに繋がっているスマートフォン、タブレット、パソコンが必要です。

申し込み方法
1.申し込みフォームから事前予約
入力されたメールアドレスに、相談日時と「Whereby(ビデオ通話システム)」への招待メールをお送りします。

2.アプリ「Whereby」をインストール(無料)
スマートフォン・タブレットでWEB相談を行うときは、無料アプリ「Whereby」を事前にインストールしてください。※パソコンから参加する場合、アプリは不要です。

  


3.指定の日時になったら、招待メールのURLにアクセス
事前にお送りする「招待メール」のURLをクリックすると参加できます。

電話相談

申し込みフォームからお申し込みください。
入力されたメールアドレスに、相談日時をお送りします。
指定の時間に大学からお電話しますので、電話番号を間違いないように記載してください。

こんな質問にお答えします

勉強したいことはあるけれど、どのコースを選んだらいいか分かりません…
 入試がたくさんあって、どれを受けたらいいか分かりません
 芸術系大学ってどんなことを勉強するんですか?
 専門学校との違いはなんですか?
 海外留学に行けますか?
 卒業生はどんな仕事をしていますか?

私たちが相談にのります

広報スタッフ紹介

  • 森(もり)

    京都精華大学で職員として働いて15年目になります。高校生の相談を受けていると、これから大学を選べることを羨ましく思うことがあります。進路については、たくさん悩んで調べて、色んな人に相談してほしいと思います。どんな細かいことでも構わないので気になっていることは全部質問してください!ご家族と一緒の相談も歓迎します。

  • 島本(しまもと)

    受験生のみなさん、こんにちは。いま、進路を考えるための様々なイベントが中止になり、不安に感じている方も多いと思います。WEB個別相談では、少しでもみなさんの進路に対する疑問や不安を解消するため、学部・入試・学費・奨学金・就職など、丁寧にわかりやすくご説明します。気になることをすべてここで解決しましょう!

  • 植松(うえまつ)

    京都精華大学人文学部の卒業生で、在学中からマイノリティ研究に興味があります。現在は、大学Webサイトの管理や更新を担当しています。パンフレットやWebサイトだけではお伝えしきれない、セイカの雰囲気や魅力を、卒業生の視点でもたくさんご紹介できればと思います。みなさんとお話しできることを楽しみにしています!

  • 平尾(ひらお)

    いつもはオープンキャンパスや大学案内パンフレットの担当をしています。高校生のみなさんからのご質問やお聞きしたお話を参考にして、イベントや冊子の内容を考えることも多く、貴重な時間をもらっていると感じています!どの大学を選ぶかは、これからの人生に関わる重要な決断です。できるかぎり参考になれたら嬉しく思います。

  • 中島(なかじま)

    主に留学生の募集活動を担当しています。ずいぶん昔のことですが、私も留学生として海外で暮らし、異文化で学ぶ楽しさを知りました。現在は、京都の歴史や文化に関心があります。セイカは学生生活を通して多文化を体験でき、楽しめる環境にあります。そんな大学や京都の素敵なところを皆様にご紹介できると嬉しいです。

  • 高原(たかはら)

    こんにちは。たかはらです。僕は芸術学部洋画コースの卒業生です。卒業後数年間、中学校と高校で美術の教員をしていましたが、まわりまわった不思議なご縁で、昨年から広報グループ員として大学に戻ってきました。お仕事と両立し作品制作も続けています。卒業生だからこそわかる京都精華大学の魅力をたっぷりお伝えします!

  • 家田(いえだ)

    私は相談会の荷物の発送などを担当しています。本学の学生さんたちが自分の得意と好きを武器にさまざまな方法で表現している姿が好きです。学園祭で気に入った作品をちょこちょこ購入するのも楽しみのひとつです。みなさんの好きなことを聞かせてほしいです。

資料請求