交換留学対象の奨学金制度

1.京都精華大学交換留学奨学金【給付】

担当窓口:国際教育課

交換留学参加者を対象とした給付型奨学金(返済不要)です。給付金額は20万円(2015年度実績10名)。書類選考(TOEFLスコア40%、成績[GPA]30%、志望理由書30%)を通じて採用者を決定します。


2.JASSO(日本学生支援機構)
 「海外留学支援制度(短期派遣)」【給付】

担当窓口:国際教育課

大学がJASSOへ申請したプログラムが採択されると、各大学へ割り当て人数(2016年度実績10名)が通知されます。それに基づき、交換留学の選考面接に合格した人の中から学内選考を行い、合格者をJASSOへ推薦します。
JASSOが採用を決定すれば、月額6万円~10万円(派遣地域により異なる)が留学期間中支給されます(返済不要)。詳細は国際教育課へ問い合わせてください。
※申請スケジュールの関係で、後期派遣者のみが対象となります。
※申請結果(採択可否、採用枠)は毎年4月に発表されます。


3.JASSO(日本学生支援機構)
 「トビタテ!留学Japan日本代表プログラム」【給付】

担当窓口:国際教育課

海外の大学への留学(実践活動を伴うことが必須条件)や、企業でのインターンシップなど学生が主体的に立案する様々な形の留学を対象とする給付型奨学金制度(返済不要)です。
大学が取りまとめて申請を行ないますが、選考はJASSOが行います。採用決定者には月額(12~20万円)と渡航費(10万円~20万円)が給付されます。
※採用者は東京における事前研修に参加する必要があります。
※募集は年2回(3月と10月)ですが、前期派遣への参加希望者は前年の3月に応募する必要があります。


問い合わせ先

京都精華大学 国際教育課(本館2F)
〒606-8588
京都市左京区岩倉木野町137
Tel:
kokusai@kyoto-seika.ac.jp


4.JASSO(日本学生支援機構)
 「第二種奨学金(短期留学)」【貸与】

担当窓口:学生課

  • 申込資格:国内の大学(学部または研究科)に在籍中のまま、海外の大学・大学院へ3ヶ月以上1年以内の短期留学をする人
  • 貸与月額(有利子奨学金・申込時に以下の金額より選択):
    学部生 3万円・5万円・8万円・10万円・12万円
    大学院生 5万円・8万円・10万円・13万円・15万円
    ※学部生・大学院生ともに、上記月額と併せて、初回振込時に一時金(10万円・20万円・30万円・40万円・50万円より選択)が貸与される「留学時特別増額貸与奨学金」を申し込むことができます。
    ただし、「国の教育ローン」に申込をしたけれども利用できなかった人が対象です。
  • 申込書類配布期間:2015年12月17日~2016年8月26日
  • 申込手続期限:
留学開始月 申込手続期限 採用候補者決定
2016年8月~11月
(後期派遣)
2016年5月13日 6月下旬
2016年12月~2017年3月
(前期派遣)
2016年9月16日 10月下旬

JASSO第一種・第二種奨学金(国内)の貸与を受けている場合

国内で第一種または第二種奨学金の貸与を受けている場合、留学期間中は原則として現在貸与を受けている奨学金を「休止」または「辞退」しなくてはなりません。
ただし、「留学奨学金継続願」を提出することにより、留学中も引き続き奨学金の貸与を継続することができます。(JASSOによる継続可否の審査があります。)
留学中にJASSOからの奨学金貸与を希望する場合は、上記の「留学奨学金継続願」を提出するか、第二種奨学金(短期留学)を申し込んでください。国内第二種奨学金を貸与中の人が「留学時特別増額貸与奨学金」を希望する場合は、国内第二種奨学金は「休止」または「辞退」し、第二種奨学金(短期留学)を申し込む必要があります。国内第一種奨学金を継続し、併せて第二種奨学金(短期留学)を申し込むことは可能です。

国内
第一種
国内
第二種
第二種
(短期留学)
留学時
特別増額
貸与
国内
第一種
国内
第二種
× ×
第二種
(短期留学)
×
留学時特別
増額貸与
×

※国内第一種奨学金の継続貸与を希望する場合、第二種奨学金(短期留学)を申し込まずに、留学時特別増額貸与奨学金のみの申し込みができます。


問い合わせ先

京都精華大学 学生課(本館2F)
〒606-8588
京都市左京区岩倉木野町137
Tel:
gakusei@kyoto-seika.ac.jp