障がい学生支援


障害のある学生の修学支援を行っています。支援を希望される方は、障がい学生支援室(本館2階)へご相談ください。支援は学生のサポートスタッフによる授業保障を中心にノートテイク他障害の種類や程度に応じた支援を行います。また、障がい学生支援室では学生サポートスタッフの募集や講座等を開催しています。障がい学生支援に関することやボランティア活動などに興味のある方は、気軽に本館2階へお越しください。

支援を受けるには

  • 障がい学生支援室に相談
    支援を希望される方は障がい学生支援室までご連絡ください。専任のスタッフが相談に応じます。(原則として入学までにご相談ください。)
  • 支援制度に登録
    学生本人、障がい学生支援室、関連部署で必要な支援について話し合い、支援内容等を決定します。
    支援が決定したら、障がい学生支援室の利用者として登録し、以降は状況や必要に応じて面談の機会を持ち、適切な支援を考えていきます。
  • 支援開始

支援内容について

支援活動用語の説明

ノートテイク

授業の内容やその場で起こっていることを文字にして伝えます。利用学生の両脇にノートテイカーが座り、交互にノートに書きます。

パソコンテイク

授業の内容や その場で起こっていることをパソコンに入力して伝えます。利用学生は入力された文字を手元のタブレット端末等で読みます。

記録テイク

授業の主題やポイント、宿題や次回以降の予定などをまとめて記録し、情報を伝えます。

文字起こし・字幕付け

講義で使用する映像教材の音声を文字化し、映像に字幕を付けます。

テキスト校正

スキャナー等で読み取った授業の資料やテキストの校正作業を行います。

聴覚障がい学生支援

  • 授業に応じてノートテイカー、またはパソコンテイカー
    (PCを使用してより多くの情報量が伝えられる)を配置
  • 映像教材の文字起こしと字幕付け
  • 演習科目等では、本人の希望により手話通訳士を配置

視覚障がい学生支援

  • 教科書・授業レジュメの点訳、電子データ化
  • 学内の移動支援:入学当初
  • 対面朗読
  • 代筆
  • レジュメの拡大コピー
  • その他

発達障がい学生支援

  • 必要に応じた面談、進路相談など、学生の状況に合わせた支援

※上記以外にも肢体不自由、内部障害など、様々な障がいのある学生に対して必要に応じて相談し、支援を行っています。


障がい学生支援の啓発

障害やノートテイクをテーマに、障がい学生、支援学生、教員等の協力を得て作成したマンガ冊子をご覧いただけます。表紙の画像をクリックしてください。専用のビューワでご覧いただけます。


  • 『つながり』
    2015年3月発行

  • 『あたらしいカンバス』
    2014年3月発行

  • 『JURI』
    2010年3月発行

Internet Explorer9など、古いバージョンのブラウザをご利用の方は以下のPDFファイルでご覧ください。PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。プラグインをお持ちでない方はコチラからソフトをダウンロードしてください。


サポート学生を募集しています。

興味のある方は、障がい学生支援室までぜひご連絡ください。

サポート学生登録までの流れ

ノートテイク/パソコンテイク

  • テイカー養成講座(初級講座および実践講座)受講 (定期開催:春・秋オリエンテーション時他)
    テイクについての基本事項やノウハウを学んだ後、実践的な内容を体験します。
  • 登録・「模擬テイク」実施
    テイクに入れる時間(自分の履修以外の時間)と連絡用のメーリングリストへ登録します。
    模擬テイク時には、先輩ノートテイカーとペアを組み練習します。
  • テイク開始
    開始時以降の活動についてはアルバイト扱いとなり、所定の金額を支払います。

映像文字起こし・字幕付け

  • 所定の講習会を受講する(不定期)
  • 個人練習、添削を複数回実施後、登録
  • 依頼にもとづき作業開始

その他のサポートについても一定の要件を満たした後、サポート学生として登録します。

  • テキスト校正
  • 対面朗読
  • 代筆
  • その他

※障がい学生と支援学生とのコミュニケーションを促進するよう、ミーティングや懇談会を行い、意見交換や交流をします。開催時期はメーリングリストでお知らせします。

サポート学生として登録後の活動については下記の金額を支払います。

学部生 大学院生・社会人
時給850円 時給900円

施設・設備

設備項目 設置箇所
エレベーター 7号館、黎明館、情報館、自在館、
清風館(手すり付)、悠々館、風光館、
対峰館(手すり付)
身体障がい者用
トイレ
暁星館1F、黎明館2F、清風館1F、
情報館2F、流渓館1F、春秋館1F、
自在館B1F、悠々館1F・2F、対峰館1F、
7号館2F・3F、本館1F・3F
教室点字表示 黎明館、情報館、流渓館、清風館
障がい学生用
メールボックス
障がい学生支援室内
身体障がい者用
駐車場
春秋館下
身体障がい者用スロープ 春秋館、5号館、食堂、清風館、
自在館B1F、体育館入口、黎明館2、
流渓館西側出入口、明窓館2F出入口、
対峰館
点字案内版 流渓館、春秋館、清風館
階段補助手摺 遠友館下の階段、春秋館、
黎明館(池の前)階段
点字ブロック 各館出入口

問い合わせ先

京都精華大学 障がい学生支援室(本館2F)
〒606-8588
京都市左京区岩倉木野町137
Tel:
chall@kyoto-seika.ac.jp