沿革

1968(昭和43)年 自由自治の教育、国際主義の教育、人間形成のための教育、凝集教育を旗印に京都精華短期大学開学
美術科(絵画コース、デザインコース)、英語英文科(英米文学コース、セレクタリーコース、貿易英語コース、ガイドコース)開設
1969(昭和44)年 美術科に染織コース開設
1970(昭和45)年 美術科にヴィジュアルデザインクラス、クリエイティヴデザインクラス開設
美術科、英語英文科に専攻科(修業年限1年)設置
1972(昭和47)年 英語英文科に国際文化コース開設
1973(昭和48)年 美術科に立体造形コース、デザインコースにマンガクラス開設
1979(昭和54)年 京都精華大学(美術学部)開学
造形学科(洋画分野、日本画分野、立体造形分野)、デザイン学科(ビジュアルデザイン分野、染職分野、マンガ分野)開設
英語英文科は短期大学部英語英文科に名称変更
1987(昭和62)年 造形学科に版画分野、陶芸分野開設
デザイン学科にアーバンリビングデザイン分野開設
1989(平成元)年 人文学部人文学科開設
1991(平成3)年 大学院開学
美術研究科修士課程(造形専攻・デザイン専攻)開設
1993(平成5)年 大学院に人文学研究科修士課程(人文学専攻)開設
2000(平成12)年 美術学部および大学院美術研究科の名称をそれぞれ芸術学部、大学院芸術研究科に名称変更
芸術学部にマンガ学科(カートゥーンマンガ分野、ストーリーマンガ分野)開設
芸術学部デザイン学科を改組し、ビジュアル・コミュニケーションデザイン分野、プロダクト・コミュニケーションデザイン分野、映像分野開設
人文学部に環境社会学科開設
2003(平成15)年 人文学部に社会メディア学科、文化表現学科開設
大学院芸術研究科に博士後期課程開設
2004(平成16)年 芸術研究科を改組し、芸術専攻開設
2006(平成18)年 芸術学部を再編し、造形学科、素材表現学科、メディア造形学科開設
芸術学部デザイン学科を改組し、ビジュアルデザイン学科、プロダクトデザイン学科、建築学科開設
芸術学部マンガ学科を改組し、マンガ学部(マンガ学科、マンガプロデュース学科、アニメーション学科)開設
2009(平成21)年 人文学部を再編し、総合人文学科開設
2010(平成22)年 大学院にデザイン研究科修士課程(デザイン専攻、建築専攻)、マンガ研究科修士課程(マンガ専攻)開設
2012(平成24)年 大学院マンガ研究科に博士後期課開設
2013(平成25)年 ポピュラーカルチャー学部ポピュラーカルチャー学科開設
ビジュアルデザイン学科を改組し、イラスト学科開設
マンガ学部を改組し、マンガプロデュース学科をマンガ学科に統合、マンガ学科にギャグマンガコース、キャラクターデザインコース開設