loading...
DSC7243

Fashion

服で感動してもらうために
顧客目線の服作り
中山路子(MUVEILデザイナー)

センスや能力より“思い”が大事

オープンキャンパスなどで高校生と話すと、「私は服をつくるセンスがないからデザイナーにはなりたいけどなれないと思う」と言う人が結構いるのですが、中山さんはファッションデザイナーという職業に必要な能力やスキルはどんなものだと思いますか?

中山 私もいまだに「センスがない」「技術がない」と悩んでしまうことはありますよ。でも、能力やスキルより“思い”が重要だと思うんです。現に、芸能人やファッションを専門的に学んでいない方が立ち上げて成功しているブランドもありますよね。パタンナーや靴作りの職人を目指すなら技術が必要ですが、デザイナーに関しては必ずしもそうではない。私も京都精華大学で講師をしていて、学生さんから相談を受けますが、能力がない人なんて誰もいないと感じます。みんなそれぞれ独自の世界観、素敵な個性を持っている。技術は身につけるにこしたことはないけれど、助け合える部分でもありますから、「こういうものをつくりたい」というイメージに向かって、どこまで気持ちを強く持てるか――その「思い」が大事だと思います。

授業では、どんなことを教えていらっしゃるのでしょうか。

中山 私はファッションデザイナーを目指す方に向けた授業を担当しているのですが、「着ていただくためのお洋服」と「アーティストの作品としてのお洋服」は違いますよね。私が教えるのは前者、要するにお客様あってのものなので、ひとりよがりになってはいけない。自分の気持ちを込めつつも、お客様に向けたデザインをしましょう、ということを念頭に教えています。靴のリメイクなど、実際に作ってもらうこともあります。小物やアクセサリー作りも体験しながら、自分の個性を確立して、強みをみつけてほしい。また、京都精華大学はいろんな可能性がたくさんある大学で、音楽や雑誌などほかのクリエイティブも学べますし、学術的に研究することもできる。いろいろな取り組み方があるなかで「そのうちのひとつにはこういうやり方もあるよ」というのを伝えられたらいいなと思っています。

「ひとりよがりにならない」というのは、チームで働く上でも大事ですね。自分だけ楽しい状況では、誰もついてきてくれなくなってしまう。ここまでのお話を聞いて、顧客のことやチームのことなどを広い視野で考えていらっしゃるんだなという印象を受けました。そういう力を身につけるという意味も含めて、学生時代にしておいたほうがいいことはありますか?

中山 自分自身は経験できなかったんですけど、たくさん遊んでおいたほうがいいんじゃないかなと。映画や音楽、美術などファッション以外の分野も含めて、興味のあるものに触れる時間を長くして、仲間をみつけて。ネットで見るだけじゃなく、美術館に実際に足を運んで、身体を動かして体感し、感動したことを蓄積していく。そんな時間の使い方ができると、学生生活は有意義なものになるのではないでしょうか。学生のときに味わった感動は、社会人になってからも心に残りますし、仕事にも活かせます。卒業すると時間がなくなるので、あらゆることを「体験」してほしいですね。

インタビュー後記/蘆田裕史(京都精華大学 ポピュラーカルチャー学部 ファッションコース教員)

着る人に感動をあたえるファッションデザイン

お気に入りの服を着るとテンションが上がる。誰しもがそんな経験をしたことがあるでしょう。そのシンプルな事実をきっかけに中山さんはファッションを学び始めたといいます。そして、同じ感動を顧客にも味わってもらいたいと話す中山さんのまなざしは常に顧客へと投げかけられています。デザインとはデザイナーの自己表現ではなく、常に服を届ける相手に向けられるべきものなのです。
また、中山さんは「思い」が大切だと言います。デザイナーは映画監督のようにディレクションを行う職業なので、技術などはチームのスタッフがカバーすることもできます。ですが、服や仕事に対する気持ちだけは誰かに補ってもらうことができません。ファッションに対して真剣に取り組み続けることができる能力こそ、ファッションデザイナーにとってもっとも必要なものなのです。

京都精華大学で「伝える力」をもつデザイナーを目指す
  • ①徹底的にユーザー目線で
    “デザイン”は目的とユーザー(着用者)が決まらなければ、始めることができません。顧客がほしいと思う服はどのようなものなのか。それを考えて提供するのがデザイナーの仕事です。この“デザイン”の考え方を1年生から徹底的に学びます。
  • ②チームワークのためのコミュニケーション
    ブランドとして服を作るためには、多かれ少なかれ誰かと協働する必要性が生まれます。その際に重要になるのはコミュニケーション能力。グループで制作する授業も多くあるため、その力を十分に養うことができます。
  • ③イメージのつくりかた
    デザイナーは服だけでなくイメージをつくることもしなくてはなりません。それによってブランドの世界観が決まってくるからです。作品を撮影して冊子にまとめたルックブックの作成、雑誌編集、あるいはグラフィックデザインの授業など、イメージをつくるために必要なスキルを学べます。


中山さんが担当する「コレクション制作」の授業風景

ファッションコースのカリキュラム
実習
1年 つくる実習 (すべて必修) 届ける実習 (必修)
ファッションデザイン
パターンメイキング / 縫製
デザイン論
2年 つくる実習 (必修) 届ける実習 (必修)
ファッションデザイン 雑誌編集・展覧会企画
3年 実習 (2クラスを選択)
モデリング(服飾造形) / コレクション制作
ブランド設計 / 展覧会・ショップ企画
4年 卒業制作
演習

スキルを身につける
グラフィックソフト
エディトリアル
映像 / 写真
ウェブデザイン
プレゼンテーション
インタラクション など

専門性を深める
縫製 / CAD
パターンメイキング応用
ファッションマーケティング
ニットデザイン
ブランドPR / 編集
グラフィックデザイン
ソーシャルデザイン など

講義

コース専門科目
ファッション史
ファッションデザイン概論
日本服飾史
ファッション批評
作品作家研究
素材論 など

学部開講科目
文化産業概論
批評論 / 美学
メディア論
身体表現論
視聴覚表現論
広告文化論 など
※他学部開講科目も履修可能

前半の2年間の実習では、希望進路に関係なく全員が、ファッションを“つくる”だけでなく“届ける”ことを学びます。3年次の実習では内容が専門化され、自分の目指す方向や身につけたいスキルに合わせてクラスを選択します。それと並行して、興味の幅を広げたり、やりたい仕事に必要なスキルを身につけたりするための講義・演習科目を履修します。そして4年次の卒業制作では、自分の決めたテーマにもとづいて作品制作やイベント企画、論文執筆などに取り組みます。

LINEで送る

HOME