マルチメディア講演会
京都精華大学トップへ
Multimedia lecture meeting at Kyoto Seika University
マルチメディア講演会とは・・・
京都精華大学情報館は、映像作家・アニメーション作家・メディアアーティスト・建築家・研究者・作曲家など、各方面で現在活躍されている方々を、国内外問わず、講師としてお招きして講演会を開催しています。入場料は無料で、予約も必要ありません。ご興味を持たれた方は奮ってご参加下さい。
>>リストに戻る
「ヤマムラアニメーションの裏側 ―『カフカ 田舎医者』他-」
講師:
山村浩二(アニメーション作家)
コーディネータ:
相内啓司(メディア造形学科映像コース 教授)

2007年11月6日(火)16:00〜17:30
京都精華大学情報館1階メディアセンターホール(約60名収容)
入場無料・申込不要
※定員になり次第、入場をお断りする場合がございますが、ご了承ください。

講演要旨

代表作『頭山』と最新作『カフカ 田舎医者』それぞれの企画段階から、アイディアの実現、アニメーション技法と話法、音楽、声を含めた総合的な制作行程、またプロデュースの方法を紹介しながら、ヤマムラアニメーションの制作の裏側、発想の秘密にせまる。アニメーションならでは表現方法とは?アナログな技法、少人数で制作する、短編アニメーションの可能性は?『頭山』の全編と『カフカ 田舎医者』の予告編、メーキング映像の上映もあります。

プロフィール

山村浩二

1964年名古屋市生まれ。1987年東京造形大学絵画科卒業。多彩な技法で短編アニメーションを制作。『頭山』(2002)がアニメーション映画祭の最高峰、アヌシー2003(仏)をはじめ世界の映画祭で6つのグランプリを受賞、第75回アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされる。国際アニメーションフィルム協会日本支部理事、日本アニメーション協会常任理事、東京造形大学客員教授。今秋『カフカ 田舎医者』が公開予定。

 

京都精華大学情報館メディアセンター TEL:075-702-5140 FAX:075-702-8834 E-MAIL:ksmedia@kyoto-seika.ac.jp