京都精華大学TOP > 情報館・ギャラリー


情報館・ギャラリー

京都精華大学では関連施設として、学内に情報館(図書館、メディアセンター)とギャラリーフロール、学外には京都国際マンガミュージアムとサテライトスペースkara-Sを設置・運営し、学生の教育・研究活動を支えています。

情報館

ライブラリーには、専門書や雑誌、マンガ、映像、音楽まで幅広く資料がそろっています。メディアセンターは、制作サポートスタッフが常駐し、撮影機材の貸出しを行っています。また、一般にも開放し、年間2万人の利用があります。

ギャラリーフロール

キャンパス内にある「ギャラリーフロール」では、国内外のアーティストによる展覧会や大学の所蔵品展をはじめ、在学生や卒業生、教職員による申請展などを定期的に開催しています。

学外施設

京都国際マンガミュージアム

京都市との共同事業で2006年に開館した日本初・日本最大規模のマンガ博物館。本学の「国際マンガ研究センター」が中心となり企画・展示を実施。明治時代の雑誌や戦後の貸本などの貴重な歴史資料から、現代の人気作品、世界各国の名作に至るまで、約30万点を所蔵しています。

サテライトスペース kara-S

サテライトスペースkara-S(カラス)は、京都市内中心部の四条烏丸にある学外スペース。展覧会やワークショップ、イベントのための「ギャラリー」と、在学生や卒業生による作品やグッズを販売する「ショップ」を併設しています。

ページトップへ