京都メディアアート週間 2001

 

主要会場 関西ドイツ文化センター・京都芸術センター・京都精華大学
主催:関西ドイツ文化センター(京都) 問い合わせ先:(075)761-2188(山下)       KINO-VISION 問い合わせ先:(075)702-5182(伊奈)    
協賛:BBCC(新世代通信網実験協議会)
協力:京都芸術センター
後援:京都精華大学

<English page>

 

連携企画-京都精華大学

表現研究機構・叡山閣
アートホール
ギャラリーフロール
AVホール

映像メディア研究所(IMA):開設記念イベント
日時:9月15日(祝/土)
会場:京都精華大学表現研究機構・叡山閣(京都市左京区比叡山一本杉)
入場無料(申込み要/問い合わせ先:075-702-3330)

14:00 講演1    
「ネットワーク社会と芸術」 山本圭吾(研究所所長/京都精華大学教授)
15:00 講演2    
「ケルン・メディアアート・アカデミーと"音+イメージ(Audiovisions)"」 アンソニー・ムーア(ケルン・ メディアアート・アカデ ミー学長/ポップバンド Slapp Happy のリーダー)
18:30-20:00    
「ネットワークアート・ライブ・パフォーマンス」 インターネットを利用し、映像メディア研究所(京都)とK-bit Institute (福井)を結ぶライブのネットアート・パフォーマンス。
http://www.kyoto-seika.ac.jp/IMA ホームページでも中継予定。

アンソニー・ムーア・イン・コンサート
(情報館AVセンター企画/マルチメディア講演会Vol.8)
日時:9月17日(月)18:00-20:00
会場:京都精華大学明窓館M-104アートホール
入場無料 (問い合わせ先:075-702-5140)

KINO-VISION: 第2回メディアアート展
日時:9月22日(土)−10月5日(金)(会期中無休) 10:30−18:30(最終日−17:00)
会場:京都精華大学 ギャラリーフロール 
入場無料 出品予定作家  伊奈新祐、平野砂峰旅、李錦蓮、Merel Mirage、 Christiane Dellbruegge & Ralf de Moll
海外のCD-ROM作品の紹介
(Goethe-Institut / ZKM作成のメディアパッケージ「メディアアート・アクチュエル Update 2」より)
伊奈 新祐
Shinsuke INA
平野 砂峰旅
Saburo HIRANO
李 錦蓮
Kumlyun LEE
デルブリュッゲ&デ・モール
Dellbruegge & de Moll

TV Installation 2001
<我々はテクノロジーにあぶりだされる!?>

Sight Sound
<the depth>

Contrast

Ham burg Ersatz

 

Dellbruegge & de Mollによるインターネット・プロジェクトのプレゼンテーション
(情報館AVセンター企画/マルチメディア講演会Vol.9)
日時:9月28日(金)16:30-18:30
会場:京都精華大学情報館AVホール
入場無料 (問い合わせ先:075-702-5140)

 

京都精華大学
〒606-8558 京都市左京区岩倉木野町137
京阪出町柳から叡山電車鞍馬行、二軒茶屋行で「京都精華大学前」駅下車。あるいは、市営地下鉄「国際会館前」下車後、スクールバスに乗り継ぎ(約6分)

Kyoto Seika University
137 Kino-cho, Iwakura, sakyo-ku, Kyoto-city

展覧会+上映会+ライブパフォーマンス
京都芸術センター 10月2―21日

KYOTO x AMSTERDAM -New Directions-
キョウト x アムステルダム -ニュー・ダイレクションズ-

展覧会
日時:10月2日(火)−21日(日)(会期中無休) 10:00−20:00(最終日−18:00)
会場:北ギャラリー・南ギャラリー・廊下など  入場無料
出品作家 Femke Schaap Florian Gtke Stephanie Kratz PIEK!        Stefan Smarius 木村友紀 長谷圭城 堀田裕子 the OTOME sect

上映会
日時:10月4日(木)、5日(金)、6日(土)、11日(木)、12日(金)  
会場:2階大広間
入場料 1プログラム700円、4プログラム通し券2000円 入替え制

A:Ineke Bakker ブブ・ド・ラ・マドレーヌ Helmut Dick Erochica フジタマ Maartje Fliervoet 
  堀田裕子 キュピキュピ Margit Lukcs Olga Mink / Jeroen Siegelaer 
B:ベストアダルト(砂山典子、高嶺格、藪内みさこ) Joost Konijn Iepe BT. Rubingh 
  ソバットシアター Jennifer Tee
C:Persijin Broersen 青木陵子+伊藤存 カワイオカムラ 前田真二郎 Tom vullings Femke Schaap 
  武智子 藪内みさこ
D:藤浩志 Jop Horst + Florian Gtke Allard Zoetman+David Djindjikhachvili 石橋義正 
  Stefan Smarius

ライブ、パフォーマンス  
入場料500円  
日時・時間は日程表をご覧下さい
1:高橋匡太 「ライブ映像インスタレーション」 会場:1Fフリースペース
2:堀田裕子 「Conpound Water」 会場:センター内廊下にて

上映会、ライブ、パフォーマンス日程表

助成
国際交流基金
野村国際文化財団
Mondriaan Stichting
Prins Bernhard Cultuur Fonds
オランダ大使館

協賛
株式会社資生堂

協力
エプソン販売株式会社
株式会社日の出テント
京都精華大学


京都芸術センター
〒604-8156 京都市中京区室町通鮹薬師下る山伏山町546-2
TEL 075-213-1000(代表) FAX 075-213-1004
KYOTO ART CENTER 546-2 Yamafushiyama-cho,Nakagyo-ku,Kyoto

映像作品上映会                
関西ドイツ文化センター 10月19、20、21、26、27、28日

プログラム A
"ヨーロッパ・メディアアート・フェスティバル2001" 選抜作品集
本年今年ドイツのオスナブリュックで開催されたフェスティバルから選抜された映像作品

プログラム B
"トランスメディアーレ.01"(国際メディアアート・フェスティバル・ ベルリン)選抜作品集
今年ベルリンで開催されたフェスティバルから選抜された映像作品。

プログラム C
"メディアアート・アクチュエル Update 2" 作品集 (Goethe-Insutiut/ZKM)
ゲーテ・インスティテュートとZKM(カールスルーエ)の共同企画によってパッケージ化された作品集に収められた映像作品

プログラム D
"BBCCネットアート&映像フェスタ 2001" 入選入賞作品集
全国の美術デザイン系の大学・短大・専門学校から学校推薦によって応募された学生映像作品から選抜された作品集。部門は「映像部門」とインターネットを前提とする「ネットアート部門」からなる。BBCC(新世代通 信網実験協議会)が主催するコンペティショ ンで、今年で6回目。10月初旬の結果 発表後、全国で初公開。

入場料 プログラム A、B、C:500円 プログラム D:無料 入替えなし

上映スケジュール

関連企画
アートスペース虹
ヴォイスギャラリー
立体ギャラリー射手座

渡部睦子個展 
"#001…www.chikahome.nl"

コンピューターによるドローイングのインスタレーションと、オンラインで渡部睦子の住むアムステルダムと京都をつなぎ、デジタル絵日記を公開

日時:10月2日(火)−10月14日(日)(月曜日休廊) 11:00−19:00(最終日−18:00)
会場:アートスペース虹 入場無料

アートスペース虹 
〒605-0041 京都市東山区三条通神宮道東入る
Tel・Fax 075-761-9238

Softpad
"Video Installation, In The House"

南琢也(アーティスト)、上芝智裕(プログラマー)、 奥村輝康(グラフィックデザイナー)による、ビデオ・インスタレーション

日時:9月28日(金)−10月14日(日)(月曜日休廊) 13:00−20:00(最終日−19:00)
会場:ヴォイスギャラリー 入場無料

ヴォイスギャラリー 
〒602-0841 京都市上京区河原町今出川下がる梶井町448 清和テナントハウス2E
Tel 075-211-2985 Fax 075-211-3067

谷口正博展  岩倉正司展 (映像インスタレーション)

日時:10月23日(土)−10月28日(金)(会期中無休) 10:30−18:30(最終日−17:00)
会場:立体ギャラリー射手座 入場無料

立体ギャラリー射手座 
〒604-8004 京都市中京区三条小橋東入る  フジタビル地階 
Tel・Fax 075-211-7526

 

京都メディアアート週間 日程表

このページに日程表がありますので、御覧ください。

PDF

このページの内容をPDF形式でご覧になれます。閲覧には「Adobe Acrobat Reader」が必要です。 Adobe Acrobat Reader は Adobe社 のホームページで無料で配布されていますので、以下の「Get Acrobat Reader」 の黄色いアイコンをクリックし、 Adobe社 のホームページにアクセスして下さい。

クリックすると書類をダウンロードします。 PDF01/PDF02

2000年度メディアアート週間のページはこちらです。

 

このページは、Internet Explorer 5.0以上、Netscape Communicatorで御覧になられることを推奨します。
Last Updated:2001.9.18 Copyright;(C)2001 By Shinsuke Ina All Right Reserved. ina@kyoto-seika.ac.jp


<return>