新型コロナウイルス肺炎に関する対応について

2020 年 1 月 29 日

連日の報道等で既にご存じのように、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は、中国国内に留まらず日本国内においても数名の感染者が認められるなど、感染が拡大していることが報告されています。
これらの状況を踏まえ、本学では衛生委員会で協議のうえ、学生及び教職員の皆さまへ以下の注意喚起を行うこととしました。
本件については、各自が厚生労働省や外務省のウェブサイト等で常に最新の情報を確認するよう努め、正しい情報に基づき、適切な判断と行動を心がけるようにしてください。

1. 海外の渡航について
(1)外務省海外安全情報では中国湖北省全域への渡航は「渡航中止勧告」となっています。
出張や大学のプログラム等による留学、私事渡航を問わず、渡航先の最新情報を入手し、渡航の延期などもご検討ください。
<外務省海外安全ホームページ>
http://www.anzen.mofa.go.jp(PC版、スマートフォン版)
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(モバイル版)

(2)渡航される場合は、緊急時に備え必ず外務省が実施している「たびレジ」に登録するようにしてください。
<たびレジ登録サイト>
外務省渡航登録サービス(滞在期間3カ月未満:「たびレジ」、3か月以上:在留届)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html
外務省「たびレジ」登録サイト(「簡易登録」サイト)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

(3)これまで新型ウイルスの患者が発生していない地域でも、今後発生する可能性があります。出張や大学のプログラム等による留学、私事渡航を問わず、海外に行かれる場合は、必ず前もって以下の大学事務局のメールアドレスに、「渡航先、渡航目的、渡航期間、渡航中の連絡先(メールアドレスなど)」をご報告いただくようお願いします。
教職員で既に出張届を提出されている方はこの限りではありません。
また、渡航先によっては大学メールアカウント(Gmail)へのアクセスが制限されている場合があります。大学からの連絡はメールで行う場合がありますので、渡航先でも閲覧できるメールアカウントに転送されるよう、事前にご自身で設定してください。
<連絡先>
・学生の場合…学生グループ学生支援チーム gakusei@kyoto-seika.ac.jp
・教職員の場合…総務グループ総務チーム soumu@kyoto-seika.ac.jp

2. 中国湖北省全域から帰国された方について
帰国後数週間は健康状態に注意してください。咳や発熱などの風邪症状がある場合は速やかに医療機関に受診してください。その際、必ず中国湖北省全域へ渡航されたことを告げてください。
<厚生労働省WEBによる国民の皆様へのメッセージ>

○新型コロナウイルス感染症の現状からは、中国国内では人から人への感染は認められるものの、我が国では人から人への持続的感染は認められていません。
国民の皆様におかれては、過剰に心配することなく、季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

○武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に医療機関へ連絡したうえで、受診していただきますよう、御協力をお願いします。
また、医療機関の受診にあっては、滞在歴があることを事前に申し出てください。

【問い合わせ先】
・学生の場合…学生グループ学生支援チーム 075-702-5101/gakusei@kyoto-seika.ac.jp
・教職員の場合…総務グループ総務チーム 075-702-5131/soumu@kyoto-seika.ac.jp

【関連ウェブサイト】
 <関連ホームページ>
・在中国日本国大使館ホームページ
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
・厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

ページトップへ