「臓器移植は怖い」からはじまった 「京都府・臓器移植啓発アニメキャラクター」制作プロジェクト 未来への思いが込められた13作品を人気投票で最終選考!

2018 年 8 月 6 日

このたび、京都精華大学は京都府と連携し、「臓器移植啓発アニメキャラクター」の制作に取り組むことになりました。マンガ学部キャラクターデザインコース(担当教員:ときまつ さなえ)の1年生50名による提案の中から13作品を選び、インターネットによる人気投票によって最終選考を行います。
はじめはほとんどの学生が臓器移植に対して怖い印象を持っていましたが、今回を通じて、臓器を提供する意味や、自ら意思表示することの大切さなどを学んだといいます。この取組みが多くの人への理解につながることを願っています。

「臓器移植は怖い」「意思表示」「京都らしさ」など、学生たちの思いを元に作成された13作品の中から、あなたのお気に入りのキャラクターを選んでください!

投票期間
7月20日(金)~8月19日(日)

投票方法
以下のウェブページから投票してください。作品それぞれに作者のコメントを掲載しています。
https://www.musubu.kyoto.jp/blank

結果発表
9月上旬

使用方法
第20回臓器移植推進国民大会の広報物(チラシ、ポスター等)、京都府オリジナルの啓発グッズ(クリアファイル等内容未定)

作品① 作者コメント
臓器移植のキャラを作るにあたって、グリーンリボンと聞いたときの爽やかな印象をコンセプトに、意思表示のために必要なものや京都らしいモチーフを加えつつ、少しでもマイナスイメージを与えない様、全体に明るく京都らしい色合いとして目に入る様にデザインしました。「学生が見たときに憧れる、キラキラと輝いて見えるキャラクターとは何だろう」と考え抜き、自分の目にも輝いて見えるキャラクターを制作しました。


作品①※他の作品は下記を参照。

 

お問い合わせ先

※取材いただく際は、事前に広報グループまでご連絡ください

京都精華大学 広報グループ
606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5197
Fax:075-702-5352
E-mail:kouhou@kyoto-seika.ac.jp

ページトップへ