学生たちが作った着ぐるみが大活躍!児童館へ寄贈し、子供たちの宝物に!

2018 年 5 月 8 日

きぐるみ1

マンガ学部キャラクターデザインコースが、授業で制作した9体の着ぐるみを、京都市左京区の7箇所の児童館に寄贈しました。学生ひとりひとりの思いがこもった着ぐるみは、今後は子どもたちのアイドルとして活躍することに。上高野児童館の中橋館長からは「小さな子どもたちはもちろん、大人までが喜んでくれます。児童館の宝物にします」と、喜びのコメントをいただきました。

きぐるみ2

この着ぐるみは、同コースがこれまで取り組んできた、2次元のキャラクターを3次元で表現する手法を学ぶ授業において制作されたもの。2017年11月3日には、京都コンサートホール(京都市左京区)で開催された「京都府警察音楽隊第28回定期演奏会」において、特殊詐欺被害防止を目的とした着ぐるみ劇も上演。同コース卒業生が歌う「詐欺防止の歌」も披露し、観客からの大きな拍手と、京都府警察本部 警視長より感謝状をいただきました。

受賞写真

キャラクターデザインコースでは今後も社会連携に積極的に取り組み、魂を込めた素敵なキャラクターを社会に向けて発信していきます。期待ください!

マンガ学部 キャラクターデザインコース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/manga/characterdesign/

キャラクターデザインコース 特設サイト
http://www.seika-cd.net/

京都精華大学オープンキャンパス 京都精華大学オープンキャンパス
ページトップへ