産廃処理・3R等優良事業場認定制度に本学が3年連続で認定

2017 年 4 月 12 日

本学の取り組みが京都市が実施する産廃チェック制度において3カ年連続で優良認定され、表彰を受けました。
産廃チェック制度は、事業者による産業廃棄物(産廃)の適正な処理を目的として行われています。一定の基準を満たした事業場において、自己チェックの結果を京都市が審査し、「産廃処理・3R等優良事業場」として認定・公表されます。

本学は授業内での資源の再利用、有害な薬品を使用しない技法の実施などを実践しています。また、学生食堂で余った野菜屑をデッサン用の飼育動物の餌にする、図書館の書籍をリユースする等、大学全体でごみの削減に努めています。

京都市情報館 表彰事業場について
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000216685.html

取り組み紹介(京都精華大学)
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/cmsfiles/contents/0000216/216686/2kyotoseikadaigaku.pdf

京都精華大学オープンキャンパス2017 京都精華大学オープンキャンパス2017
ページトップへ