プロダクトコミュニケーションコースと鯖江市の眼鏡メーカー 株式会社ボストンクラブによる産学連携授業を2015年度より開始

2014 年 12 月 2 日

プロダクトコミュニケーションコースと鯖江市の眼鏡メーカー 株式会社ボストンクラブによる産学連携授業を2015年度より開始

デザイン学部プロダクトコミュニケーションコースでは、3年生の授業「プロダクトコミュニケーション4」において、福井県鯖江市の眼鏡メーカー 株式会社ボストンクラブと連携し、同社のデザイナーによる「アイウェアデザイン」を学ぶ授業を2015年度より開講します。「アイウェアデザイン」を専門的に学ぶ授業は、日本のデザイン教育を行う大学では初の試みとなり、福井県や公益財団法人ふくい産業支援センター、鯖江市からも期待を集めています。

この授業の特徴は、株式会社ボストンクラブのトップデザイナーが授業を主体的に運営するという点。同社取締役でチーフデザイナーの笠島博信氏、アイウェア業界を牽引するデザイナーの脇 聡氏のお二人を講師に迎え、人間工学と眼鏡の関係性や道具の歴史、眼鏡の種類、構造、素材、加工法といった基礎を学んだのち、学生自身がアセテートやチタンなどの素材を用いた眼鏡をデザイン、実物の制作を行い、製品のプロモーションにいたるまでを実践的に取り組んでいきます。実際の眼鏡に用いられている特殊な素材や部品、金型の提供、加工指導を受けられる、まさに「デザインの現場」を体験できるこれまでにない授業です。

スマートフォンや文房具、靴、自転車など、身のまわりの工業製品のデザインを学ぶ、プロダクトコミュニケーションコース。人の暮らしや社会のあり方に深く関わる製品のデザインを通して、人間が抱える問題を解決し、世界を変える力を持ったデザイナーを育成します。カリキュラムでは、デザインの基本となる素材やかたち、機能などを学ぶ実習を柱にし、製品と人との関係を考えることも重視しています。

京都精華大学 デザイン学部 プロダクトコミュニケーションコース
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/design/productcommunication/

ページトップへ