学長 竹宮惠子が2014年度秋の褒章で「紫綬褒章」を受章

2014 年 11 月 3 日

学長 竹宮惠子が2014年度秋の褒章で「紫綬褒章」を受章

本学学長 竹宮惠子(マンガ学部教員)が、2014年度秋の褒章で「紫綬褒章」を受章しました。
紫綬褒章は「学術、芸術上の発明、改良、創作に関して事績の著しい者」に対して授与されるもので、竹宮はマンガ家として優れた作品を数多く発表するとともに、複製原画の開発や機能マンガを通じて、マンガの新たな可能性を追求するなど、芸術文化の発展に大きく貢献した功績が認められました。
なお、2014年度秋の褒章における「紫綬褒章」の受章者は14名でした。

内閣府ホームページ 平成26年秋の叙勲等
http://www8.cao.go.jp/shokun/hatsurei/26aki.html

竹宮惠子による受章コメント

受章の知らせを聞いて、非常に驚きました。最近は作品を描く時間が取れないので、受章の対象になるとは思ってもいませんでした。
マンガは私にとって、道を開き、新しいことを教えてくれる窓でした。自分自身も読者にとって意味を持つ作品を描き、いつまでも時代を超えて忘れられない内容を伝えることができればと願っています。

また、マンガに対する敬意から、可能ならば大学の中にも根づいてほしいと考え、手探りの中マンガ教育を続けてきました。そのことも評価していただけたように思えて、とてもうれしいです。
いまやマンガは世界に通じる“ことば”となり、京都精華大学にもさまざまな国から留学生が訪れます。世界中にマンガの種が蒔かれ、育って、その国なりのマンガの描き方が生まれ、新しいコミュニケーションが築かれるのを、今もこれからも期待しています。

竹宮惠子教員紹介
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/takemiya-keiko/

ページトップへ