学生がデザインしたメガネが全国の「眼鏡市場」で販売開始! 「化粧品のように気分を上げ女の子をカワイイへ導く」メガネなど3種類を提案

2019 年 3 月 19 日

京都精華大学では、メガネメーカーの株式会社メガネトップとの産学連携により、学生がデザインした3種類の作品を商品化し、2019年2月22日(金)より全国の「眼鏡市場」で販売を開始しました。
今回、商品化に採用されたプロダクトコミュニケーションコース3~4年生の3名は、かわいいものが好きな女性や、化粧品のように気分を上げるデザインなどを提案しています。メガネトップとの連携による商品化は、2016年11月に「ALOOK」からの販売に続き3度目となります。
同授業は2015年4月から有名ブランドを手がけたデザイナーを講師に迎え、基礎からメガネ工場の現場までを体験できるカリキュラムを実施。メガネを通してデザインの「あいうえお」をすべて学べることから、「あいうぇあデザインあいうえお」というプロジェクト名が与えられました。


■「うさぎ×Eye wear」
かわいいが好きな女性に向けたメガネ
デザイナー:伊藤 千華(4年生)


■「こだわり派へ向けた1本」
ファッションに特化したワーカー向けのメガネ
デザイナー:山目 篤史(4年生)


■「女の子をワクワクさせるメガネ」
化粧品のように気分を上げ女の子をカワイイへ導くメガネ
デザイナー:本山 智美(3年生)

商品名:眼鏡市場×京都精華大学コラボメガネ
発売日:2019年2月22日(金)
販売価格:1.74超薄型非球面レンズ付メガネ一式 12,960円(税込) ※専用ケース、オリジナルメガネ拭き付き
種類:3型×4色、計12バリエーション
販売店:関西エリア138店舗の眼鏡市場
URL:https://www.meganeichiba.jp/brand/kyoto_seika_university/

【 「あいうぇあ デザイン あいうえお」とは? 】
京都精華大学で2015年4月より開講した、日本の大学では初となるアイウェアデザインを学ぶ授業。眼鏡市場、株式会社ボストンクラブ、 sowell design officeが協力し、京都精華大学でプロダクトデザインを学ぶ学生に、メガネの可能性やデザインの面白さを感じてもらい、未来のアイウェアデザイナー育成を目指した産学連携プロジェクトです。今回で3回目を迎える本プロジェクトでは、2017年/2018年の受講生の中から、アイデアと実用性を兼ね備えた3名のデザインを選出しています。

お問い合わせ先

※取材いただく際は、事前に広報グループまでご連絡ください。

京都精華大学 広報グループ
606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5197
Fax:075-702-5352
E-mail:kouhou@kyoto-seika.ac.jp

ページトップへ