独立行政法人 国際協力機構(JICA)が発行する「ソーシャルボンド」への投資について

2018 年 12 月 20 日

学校法人京都精華大学は、このたび、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」)が発行する「ソーシャルボンド」への投資をいたしました。

「ソーシャルボンド」とは、調達された資金が社会課題の解決に資する事業に充当される債券です。JICA債は国際資本市場協会が定義するソーシャルボンドの特性に従った債券です。JICA債で調達された資金は全額がJICAの実施する有償資金協力事業に充てられ、開発途上国の社会課題を解決するための融資に活用されます。またJICA債の発行は2016年12月に策定された日本政府の「持続可能な関発目標(SDGs)実施指針」に具体的な施策の1つになっています。

京都精華大学は、自由自治を建学理念に掲げ、世界人権宣言にもとづく人間尊重を教育の基本理念とし、SDGsへの取り組みを推進しています。今回のJICA債への投資が、開発途上国の社会課題解決、持続可能な国際社会づくりのために活用されることを期待しています。
本法人は、今後もさまざまな形で社会課題に取り組み、学校法人としての社会的使命・役割を果たしてまいります。

本件に関するお問い合わせ先

京都精華大学 総務グループ
Tel:075-702-5131

ページトップへ