包括協定を締結。12/17に協定調印式を開催。

2018 年 12 月 11 日

京都精華大学(京都市左京区、学長:ウスビ・サコ)は、この度京都市左京区役所との連携・協力に関する包括協定を締結することとなりました。左京区政では2011年に「大学のまち」が掲げられ、本学を含む区内の大学と交流が持たれてきましたが、2018年に創立50周年を迎えた本学から、さらなる連携の発展を同区に申し入れたところ、協定締結の運びとなりました。マンガ・デザイン・アートを活用した情報発信や、人文学による地域研究などの形で、2019年に区誕生90周年を迎える左京区の発展に貢献したいと考えています。


       左京大博覧会2017より         京都精華大学学長ウスビ・サコ

■協定調印式
日 時:2018年12月17日(月)11:00~11:20
場 所:左京区役所1階大会議室(京都市左京区松ケ崎堂ノ上町7番地の2)
    市営地下鉄「松ヶ崎」駅から徒歩約8分,市バス「左京区総合庁舎前」から徒歩約3分,「高木町」から徒歩約9分
出席者:左京区長 池内 正貢、京都精華大学学長 ウスビ・サコ

■今後の連携事業(予定)について
今後は二者による連携協議会の設置、左京区誕生90周年記念の様々な事業への協力、区実施事業の広報・啓発物のデザインなどを予定しています。

■これまでの実績
左京区役所と本学は、これまでにも以下のような連携事業に取り組んできました。
●2015年度、第2回左京朝カフェ「テーマ:国際交流」において、ウスビ・サコ学長(当時人文学部教員)が総合司会として運営に携わる。
●2016年度、学生ボランティアと地域団体を結びつけるプロジェクト「左京×学生 縁ねっと」パンフレットのイラストを学生が作成。
●2017年度、左京区民ふれあい事業「左京区民作品展」において学生が音楽ステージに出演。
 自治会・町内会加入啓発冊子「あってよかった!町内会!」及びチラシを作成。

自治会・町内会加入啓発冊子「あってよかった!町内会!」(2018年3月左京区役所発行)

住みやすいまちづくりにとって、住民同士の顔の見える関係づくりが欠かせません。町内会のメリットを分かりやすく住民に説明するためのマニュアルを左京区役所との共同で作成しました。

お問い合わせ先

京都精華大学 研究推進グループ
606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5263
E-mail:crelab@kyoto-seika.ac.jp

ページトップへ