嵐電の車窓は古都の魅力がいっぱい! ―美大生が車両広告をデザインしたレトロ電車が運行―

2017 年 8 月 24 日

京都精華大学では、デザイン学部ビジュアルデザイン学科の学生たちが嵐電(京福電気鉄道株式会社嵐山線)をテーマにした作品制作に取り組み、実際に嵐電に乗ってその魅力を伝える「学生ならではの広告」を考えました。そして、2017年8月29日(火)~9月18日(月)までのあいだ、中吊り広告、額面広告、電車のヘッドマークに至るまで、すべての広告枠を学生たちの作品でジャックした嵐電のレトロ電車が運行されますので、お知らせ致します。

■展示作業
電車内での展示準備を運行開始日前日の8月28日(月)14:00から、嵐電・西院車庫にて行います。ぜひご取材ください。

西院車庫所在地:京都市中京区壬生淵田町18
展示作業に関するお問い合わせ先:075-801-5315(京福電気鉄道株式会社 管理部 広報宣伝担当)

■展示電車運行期間:2017年8月29日(火)~9月18日(月・祝)
※電車は点検・整備のため、運行しない日もあります。

■次の駅にポスターも掲示されます。
四条大宮、西院(上り)、帷子ノ辻、有栖川(下り)、鹿王院(下り)、嵐電嵯峨(下り)、撮影所前(下り)、常盤(下り)、鳴滝(下り)、宇多野(下り)、御室(上り)

カレニナ・オブリさん(3年)の作品一例(掲出時には若干の変更が生じる可能性があります)

参加した洞ノ上さん(3年)のコメント
「実際に嵐電に乗ってみると、街中や住宅地、自然豊かな場所など様々な車窓が楽しめ、ガタンゴトンと味わい深い音を立てて走るかわいい電車に、京都の日常を感じました。電車内の空間にも乗客のみなさんの一体感のようなものが感じられ、また乗客が手を振ると外の人が振り返してくれている風景が印象的でした。そんな嵐電に乗るたくさんの人たちが、私たち学生が制作した広告を見て、また嵐電に乗りたいな、と思ってくれるようなデザインになることを心がけてプロジェクトに参加しました。」

京都精華大学 概要
大学名:京都精華大学
学長:竹宮惠子
所在地:京都市左京区岩倉木野町137

京福電気鉄道株式会社 概要
社名:京福電気鉄道株式会社
代表取締役社長:岡本光司
本社:京都市中京区壬生賀陽御所町3番地の20

お問い合わせ先

※ご取材いただく際は、事前に広報グループまでご一報ください

京都精華大学 広報グループ
606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5197
Fax:075-702-5352
E-mail:kouhou@kyoto-seika.ac.jp

ページトップへ