京都精華大学TOP > メディア > 詳細ページ


人文学部教員 堤 邦彦の取り組みが、広島県三次市が発行する『もののけだより』vol.6に掲載

2018 年 12 月 25 日

人文学部教員 堤 邦彦が主宰する怪談朗読公演「百物語の館」の取り組みが、広島県三次市が発行する『もののけだより』vol.6に掲載されました。本公演は、同市に来春開館予定の「湯本豪一記念日本妖怪博物館」を記念し、堤 邦彦研究室と三次商工会議所によって企画されました。

「もののけだより第6号」PDF
https://www.city.miyoshi.hiroshima.jp/data/open/cnt/3/15561/1/mononoke6.pdf?20181108133656

ページトップへ