DTPデザインの基礎講座

この講座では、デザインや印刷の基礎を学び、Adobeの「Illustrator」や「Photoshop」の基本的な操作方法を習得して、名刺や年賀状、チラシのデザインからレイアウトまでができるようになることを目指します。成果として、印刷会社やインターネット通販印刷などを利用して印刷できるデータが作成できるようになります。
前半ではデザインや印刷の基礎、Adobeの「Illustrator」や「Photoshop」の基本的な操作を習得し、簡単なデザインを実践します。後半では文章の書き方や写真撮影の仕方、レイアウトの基本など応用的な技法を学び、チラシのデザインにも取り組みます。

【各回の内容】
第1回
全7回の内容説明をしたあと、デザインや印刷の基本(たとえばRGBやCMYKの違い、トンボや塗り足しなど)を知り、実際にAdobeの「Illustrator」の基本操作も学びます。その後、Adobeの「Illustrator」を使って自分の名刺をデザインします。

第2回
Adobeの「Illustrator」の図形作成機能であるベジェ曲線を理解し、図形の制作やイラスト制作の基本を学びます。その後、ベジェ曲線を使って、DMやチラシなどに掲載する地図やイラスト、マークなどを制作します。

第3回
少し早いですが、年賀状のデザインにトライしてみます。来年の干支は「亥(イノシシ)」ですが、干支にこだわらず、写真やイラストを使っても構いません。まず、年賀状のイメージスケッチを描き、必要な写真やイラストなどの素材を準備します。

第4回
2019年は平成から新しい元号に変わる特別な年です。そんな意味合いを年賀状に表現しても面白いかもしれません。写真やイラストの加工などで表現に変化をつけてみましょう。出来上がった年賀状は、インクジェットプリンターでプリントします。
希望者にはインターネット印刷利用のアドバイスも行います。

第5回
自分が経営するお店や行きつけのショップ、イベント告知や同窓会の案内など、実在するお店やイベントのチラシを作ってみましょう。まずは、全体の構成や文章の書き方、写真のきれいな撮影の仕方など、チラシの素材づくりからスタートします。

第6回
前回作成した素材を元にチラシのデザインをします。その際、いくつかあるレイアウトの基本(フォントの使い方、グループ分け、揃え、色の使い方、強弱の付け方など)を知り、きれいな、みんなが注目してくれるチラシのデザインはどうあるべきかを考えながら制作します。

第7回
前回できたデザインの精度を上げ、完成度を増すためにはどうすればいいかにチャレンジします。最後に、出来上がった名刺や年賀状、チラシのデザインを貼り出します。講師の講評を交えつつ、自分以外のデザインを見て個性やデザインの違いを理解しましょう。

【受講者の持ち物】
筆記用具、USBメモリー

  • 講師
    角谷和好(グラフィックデザイナー/本学デザイン学部非常勤講師)
  • 定員
    20人
  • 受講料
    16,000円
  • 日程
    全7回/土曜日/13:30〜15:30
    ▶ 第1回 10月6日 ガイダンス「デザイン&印刷の基礎」名刺をデザインする
    ▶ 第2回 10月20日 「イラストを描く」ベジェ曲線を使い、地図やイラストを描く
    ▶ 第3回 10月27日 「年賀状をデザインする-①」イメージラフを描き、素材を用意する
    ▶ 第4回 11月10日 「年賀状をデザインする-②」写真やイラストの加工・配置など
    ▶ 第5回 11月24日 「チラシをデザインする-①」企画と文章の書き方や写真撮影など
    ▶ 第6回 12月8日 「チラシをデザインする-②」レイアウトの基本と実践
    ▶ 第7回 12月15日 「チラシをデザインする-③」チラシのデザインを完成させる・合評
  • 会場
    京都精華大学 本学までのアクセスはこちら

角谷和好(グラフィックデザイナー/本学デザイン学部非常勤講師)
かどや・かずよし●(株)三六六代表取締役。PR誌や広報誌などの企画・編集をはじめ、カタログやポスターなどのデザインが主な活動分野。全国カレンダー展、日本産業広告総合展、日経連社内報センター社内報コンクール、PR誌研究会全国PR誌コンクールなどで受賞。また、NPO法人障碍者芸術推進研究機構にて障がい者の創作活動を支援。

  • 公開講座ガーデンは、実技も講義も充実した、京都精華大学の生涯学習プログラムです。

  • 公開講座ガーデンは申込制です。お申し込みや講座についてのご質問はこちらへ。

  • 伝統的な技法を体験する紙漉きや版画の講座から、デザインや手芸の講座まで。小学生向けのアート教室やマンガ教室も開催しています。

ページトップへ