京都精華大学TOP > 公開講座・イベント > 公開講座ガーデン > [金継ぎ]愛用のうつわを永く使うために


京都精華大学 伝統産業イノベーションセンター監修 京都の伝統産業講座

 「金継ぎ」とは、陶磁器の割れや欠けた部分を漆で接着し、金粉等で加飾する伝統的な修理技法です。継ぎ跡が生む表情は、使い慣れたうつわに新たな魅力を加えます。茶の湯の世界で愛され、数寄者たちを魅了した金継ぎは、その品の背景にある物語を重視する日本人の精神性をもっともあらわした手仕事といえます。本講座では、お手持ちのうつわを持参いただき、ご希望の加飾方法で金継ぎを仕上げます。講師は京都漆器青年会の若手職人たち。教員による金継ぎの歴史・文化に関する講座もあり、金継ぎについて多角的に学んでいただけます。

【備考・諸注意】
・金粉による金継を希望される場合は、別途金粉を購入していただきます。(0.1g1,300円程度※時価による)
・本漆を使用しますのでかぶれる可能性があります。

【受講者の持ち物】
・金継を施す陶器は各自ご持参ください。開講までに事務局へ器の写真を送っていただき、工程を確認します。
・筆記用具、エプロン(汚れてもいい服装)

  • 講師
    京都漆器青年会のみなさん
  • 定員
    10人
  • 受講料
    20,000円(金粉代は別途必要)
  • 日程
    全5回/土曜日/13:00~15:30
    ▶ 第1回 5月19日 くっつけ(接着)
    ▶ 第2回 6月9日 研ぎと塗り
    ▶ 第3回 6月23日 金粉を蒔く、乾かす/[ミニ講義]米原有二教員による「金継ぎ」について
    ▶ 第4回 6月30日 金粉を漆で固める/[ミニ講義]堤卓也氏[(株)堤淺吉漆店]による漆にまつわるお話
    ▶ 第5回 7月7日 磨き/講評
  • 会場
    京都精華大学 本学までのアクセスはこちら
  • works1
  • works1

京都漆器青年会
きょうとしっきせいねんかい●1971年7月28日創立。京都漆器工芸協同組合の下部組織で、京漆器に関わる45歳までの製造者、販売者、資材製造販売者が加入する任意団体。作品展、商品開発、研修会等、様々な活動の企画・実施をとおして、会員の資質向上を目指し、京漆器の普及に精力的に取り組む。2007年より、うるおい漆展を公募展として若手作り手のネットワーク構築を進める。

  • 公開講座ガーデンは、実技も講義も充実した、京都精華大学の生涯学習プログラムです。

  • 公開講座ガーデンは申込制です。お申し込みや講座についてのご質問はこちらへ。

  • 伝統的な技法を体験する紙漉きや版画の講座から、デザインや手芸の講座まで。小学生向けのアート教室やマンガ教室も開催しています。

ページトップへ