版画講座1

 京都精華大学の版画工房で新しい技法に取り組む、好評のシリーズです。「ウォータレスリトグラフ」は、アルミ版と水溶性の色鉛筆とシリコーンを用いる技法です。伝統的なリトグラフよりも比較的早く、簡単に取組むことができるという特長を持っています。鉛筆で描いたような調子が得意で、水彩画のようなタッチもある程度表現できます。そして、簡単な制作環境さえ整えば、継続して制作できる簡易さがあります。今回の講座では技法を段階的に習得し、多色刷りにも挑戦します。最終回では作品を薄手の紙に印刷し、オリジナルのノートカバーも作ってみましょう。

【受講者の持ち物】
筆記用具、エプロンなど(油性インクを使用します。服が汚れないように備えて下さい)、袋・ケースなど(版が入るA3程度の物)

  • 講師
    岸 雪絵(美術家・芸術学部特任講師)
  • 定員
    15人
  • 受講料
    9,000円(別途材料費2,500円)
  • 日程
    全3回/土曜日/13:00~16:00
    ▶ 第1回 10月14日 版画技法説明、描画-製版-印刷1
    ▶ 第2回 10月21日 描画─製版─印刷2 多色刷り紹介と制作
    ▶ 第3回 10月28日 作品制作(ノートカバー作り)、講評会
  • 会場
    京都精華大学 本学までのアクセスはこちら
  • works1
  • works1

岸 雪絵(美術家・芸術学部特任講師)
きし・ゆきえ●京都精華大学芸術学部造形学科版画専攻卒業、京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程課絵画専攻(版画)修了。個展やグループ展で作品発表を行うかたわら、京都精華大学や京都造形芸術大学で版表現などの指導にあたっている。

監修 武蔵篤彦(美術家・芸術学部教授)

  • 公開講座ガーデンは、実技も講義も充実した、京都精華大学の生涯学習プログラムです。

  • 公開講座ガーデンは申込制です。お申し込みや講座についてのご質問はこちらへ。

  • 伝統的な技法を体験する紙漉きや版画の講座から、デザインや手芸の講座まで。小学生向けのアート教室やマンガ教室も開催しています。

ページトップへ