京都精華大学TOP > 公開講座・イベント > 公開講座ガーデン > 学校での事故・事件とどのように向き合うか


学校での事故・事件とどのように向き合うか

学校での痛ましいさまざまな事故・事件。起きてはならない事故・事件を防ぐために、私たちは何ができるのか。また、起きてしまった悲しい事故・事件に、私たちはどのように向き合うのか。教育学や子どもの人権論の専門家として実際の現場で調査を行い、関係者の声に耳を傾けてきた講師が、具体的な事例や対策に関する取り組みをもとに4つのテーマで語ります。


  • 講師
    住友 剛(本学人文学部教員)
  • 定員
    定員の設定はありません。
  • 受講料
    5,000円
  • 日程
    全4回/金曜日/19:00~20:30
    ▶ 第1回 10月28日 学校事故・事件の被害者家族・遺族とかかわって
    ▶ 第2回 11月25日 これからの学校事故・事件防止のあり方について
     -文部科学省「学校事故対応に関する指針」解説-
    ▶ 第3回 12月23日 学校における「指導」を問い直す
     -「指導死」ということば、知っていますか?-
    ▶ 第4回 2017年1月27日 実際の被害者家族・遺族のお話を伺う
  • 会場
    京都精華大学 本学までのアクセスはこちら
  • works1

住友 剛(本学人文学部教員)
1999年、関西大学大学院文学研究科博士後期課程を単位修得後退学。その後、兵庫県川西市の子どもの人権オンブズパーソン調査相談専門員を経て本学へ。著書に『はい、子どもの人権オンブズパーソンです』(解放出版社)、共著に『子ども・権利・これから』(明石書店)、『子どものへの気づきがつなぐ「チーム学校」』(かもがわ出版)、『子どもにえらばれるためのスクールソーシャルワーク』(学苑社)がある。

ページトップへ