紙漉き講座

和紙の原料である楮(コウゾ)と、木材カラーパルプを使ってアートワークとしての紙作りを目指します。
植物の葉を漉き込んだり、カラーパルプを重ねたりと、
基本の行程の中で少し工夫することで面白い表現を発見できるでしょう。
はがきサイズを中心に作品を複数枚制作し、最終回では糊や糸を使わずに紙だけで綴じる製本技法、
クラウン・フォールドを用いて作品集に仕上げます。

・タオル、ゴム長靴をご持参ください
・動きやすい服装でご参加ください。

  • 講師
    福岡舞子(美術家・本学芸術学部非常勤講師)
  • 定員
    15名
  • 受講料
    10,000円 ※別途材料費2,500円
  • 日程
    全4回/土曜日/13:30〜16:30
    ▶ 第1回 7月2日 原料の処理、楮の紙漉き 
    ▶ 第2回 7月9日 カラーパルプの紙漉き
    ▶ 第3回 7月16日 作品集の紙づくり
    ▶ 第4回 7月23日 製本作業、講評会
  • 会場
    京都精華大学 本学までのアクセスはこちら
  • works1
  • works1

福岡舞子(美術家・本学芸術学部非常勤講師)
京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程(版画分野)修了。京都精華大学非常勤講師。紙の素材を用いた作品制作を行う。
 
松永 亨子 ※4回目のみ ブックアーティスト。京都精華大学芸術学部造形学科版画分野卒業。山崎曜氏より手製本の技術を教わった後、米国にて現代美術としてのブックアートの世界をより深く学ぶ。国内外での作品発表のほか、BOOK ARTS LAB(http://bookartslab.blogspot.jp)として、気軽に楽しめる手製本のワークショップや個人レッスンを指導している。
 

  • 公開講座ガーデンは、大学の施設や設備を使って、実際に手を動かしながら学ぶ講座を用意しています。

  • 公開講座ガーデンは申込制です。お申し込みや講座についてのご質問はこちらへ。

  • 伝統的な技法を体験する紙漉きや版画の講座から、デザインや手芸の講座まで。小学生向けのアート教室やマンガ教室も開催しています。

ページトップへ